エンタメ

映画『カメラを止めるな!』を観て来た感想!(ネタバレ無し)

映画『カメラを止めるな!』を観てきました。

 

本ブログは普段、旅行ネタばかり書いてるのですが、

映画を観て感銘を受けたのは久しぶりだったので

思わず記事にしちゃいました。

 

ネタバレは絶対にしたくないので、

輪郭は柔らかに、想いを書いてみます。

 

 

カメラを止めるな! (公開情報のみでネタバレ無し)

『カメラを止めるな!」を知ったきっかけ

とあるサイトで、

「カメラを止めるな!」は全人類が観た方が良いという

ずいぶんと大げさな記事を見かけたんです。

 

『世の中のすべてのハリウッド映画は

 必ず「全米No.1」になったことがある』

という説が成立すると私は思ってます。

 

なので、これもまた誇張されたキャッチコピーだろうと、

斜に構えて記事を読み進めたのですが、

こいつはどうやら本当に面白そうだなと判断。

 

ネタバレは嫌だったので、途中で記事を読むのをやめました。

 

下手にどっかのサイトでネタバレ喰らうよりは

とっとと映画を観てしまおう!

ということで、2時間後には川崎チネチッタに到着。

楽しそうなことにはフットワークが軽いんです。

今年初めての映画館でちょっとワクワク。

 

『カメラを止めるな!』を観た感想

レイトショーなのに、観客が多くて驚きました。

人気なんですね~。

 

ほぼ事前情報無しで「チネチッタ」まで来たのですが、

広告ポスターを見る限り、

「ゾンビ映画なんだな」と思ってました。

 

わたくし、親がホラー映画マニアだったこともあり、

幼少期からホラーのエリート教育を受けてきました。

幼稚園の友達がアンパンマンを観てる頃に、

わたしはバタリアンを観てたんです。

「俺はゾンビ物にはうるさいぞ!」と身構えつつ

ポップコーン食いつつ鑑賞開始。

 

廃墟が舞台で、出演者は映画の撮影クルー。

撮影を進めるうちに、クルーがどんどんゾンビ化していくというストーリー、

・・を撮影する人たちのストーリーだったんだ!

ということに劇場で初めて気付きます。

 

これ以上はネタバレになるので触れません。

一言で言うなら「ゾンビ映画ではない」です。

 

涙が出るほど笑ったのは久しぶりだった、

ということだけ書いておきます。

 

「なるほど!これはそういうことだったのか(笑)」という場面の連続。

序盤の違和感がどんどん解消されています。

 

映画に疎いもので、知ってる役者はいなかったのですが、

どなたも素晴らしい演技でしたし、

本当に素晴らしい映画でした。

 

大人料金1800円を支払っての映画鑑賞でしたが、

1800円だけじゃ申し訳ないと思い、

800円のパンフレットを購入したくらいです。

 

このパンフレットが欲しかったわけではありません。

良い時間を過ごさせてくれた、映画関係者に感謝の意を込めての購入です。

 

たま~にありますよね。

支払ったお金以上の価値を提供されると、

申し訳なくなる気持ち。

 

この「カメラを止めるな!」は

そんな気持ちにさせてくれる映画です。

 

パンフレットの表紙にも書いてますが、

「完全ネタバレ仕様」なので、

映画観る前にパンフレット購入しないようにご注意を

 

『カメラを止めるな!」の受賞歴

人間は権威に弱いものです。

 

この『カメラを止めるな!」は

賞なんかに関係なく素晴らしい映画ではありますが、

立派な賞を受賞した映画じゃないと信用できない

という人もいるかもしれません。

つらつらと受賞歴を書いてみます。

  • イタリア「ウディネ・ファーイースト映画祭 2018」
    シルバーマルベリー(観客賞2位)
  • ブラジル「ファンタスポア2018」
    インターナショナルコンペ部門 最優秀作品賞
  • 日本「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」
    ゆうばりファンタランド大賞(観客賞)
  • 日本「ゆうばり叛逆映画祭2018(日本)
    特殊効果賞、優秀作品賞

招待上映

  • ドイツ「ハンブルグ日本映画祭 2018」
  • ドイツ「ニッポンコネクション 2018」
  • チェコ「第53回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭」
  • 韓国「プチョン国際ファンタスティック映画祭2018」
  • カナダ「ファンタジア国際映画祭」
  • アメリカ「ニューヨーク・アジア映画祭」
  • 日本「さぬき映画祭2018(日本)」
  • 日本「熱海映画祭」

 

ちなみに、私は映画に疎いので、

これらの賞や映画祭がどれほど権威のあるものか全く知りません。

「イタリア」とか「国際映画祭」ってなんか凄そう!ってだけです。

 

『カメラを止めるな!」の上映館情報(7/24時点)

都道府県 劇場名 公開日
北海道 シアターキノ 8/4~
青森 フォーラム八戸 8/10~
岩手 フォーラム盛岡 8/17~
宮城 チネ・ラヴィータ 8/10~
山形 フォーラム山形 8/17~
山形 フォーラム東根 8/31~
福島 フォーラム福島 8/31~
埼玉 イオンシネマ大宮 上映中
東京 K’s cinema 上映中
東京 池袋シネマロサ 上映中
東京 ユーロスペース 上映中
神奈川 チネチッタ 上映中
神奈川 シネマ・ジャック&ベティ 8/11~
長野 松本CINEMA セレクト 8/18
長野 上田映劇 9/8~
愛知 シネマスコーレ 上映中
大阪 シネ・リーブル梅田 9/15~
京都 イオンシネマ京都桂川 上映中
広島 横川シネマ 近日公開
広島 シネマ尾道 9月
福岡 ユナイテッド・シネマ
キャナルシティ13
上映中
大分 大分シネマ5 7/28・7/29、8/18~
別府 別府ブルーバード劇場 8/4~
宮崎 宮崎キネマ館 8/25~
鹿児島 鹿児島ガーデンズシネマ 8/25~

 

 

おわりに

怖い映画じゃないですので、

ホラー苦手な人も全然大丈夫。

血のりがいっぱい出てきますが、

映画の中でも「血のり」として扱っています。

 

私はホラー好きですが、

ハッピーエンドの映画が大好きなんです。

バッドエンドは嫌い。

 

この映画は何も考えずに笑えるし、

出演者全員が一丸となってハッピーエンドに向かって全力で突き進むので、

観客は自然と応援してしまうと思います。

感動出来るところもあるし、

映画の魅力が詰まった作品で

贅沢な時間を過ごせたなって思えました。

 

映画館でなくても十分に楽しめる作品なので、

間に合わなった人も、レンタルやamazonでも観てみてくださいませ。

 

上映情報に誤りなどありましたらお知らせください。

ではまた。

あわせて読みたい
シルク・ドゥ・ソレイユ 『キュリオス』 を【A席】で観てきた感想じゃぱたびっくす(@japatabix)です。 先日、シルク・ドゥ・ソレイユのキュリオス 東京公演を観てきたので、 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA