東京都

絶海の孤島 青ヶ島の観光スポット網羅!民宿と食事情報も!!

次は青ヶ島の玄関口 三宝港と池の沢のひんぎゃをご紹介します。

三宝港

青ヶ島にはヘリ以外に、「あおがしま丸」という船で八丈島-青ヶ島間を移動することが出来るのですが、運が悪いと1週間以上欠航することもあるという航路なんです。この欠航率の高さが青ヶ島への到達難易度を高める要因になっています。

青ヶ島唯一稼働している港が「三宝港」です。

船が接岸するときは埠頭にクレーン車がスタンバイ。

この日は波が穏やかな日です。

外輪山から港に出るための「青宝トンネル」です。

手掘りなんでしょうか。壁がゴツゴツとむき出しです。

断崖絶壁をコンクリで補強してます。

芸術的とすら思っちゃいました。

海が荒れる青ヶ島では漁船を港に係留しっぱなしにできないので、漁船を陸に揚げています。

このクレーンが格好良かったですね~

夕陽を見に来たりもしました。

クレーンまでの道のりは、整備されてないのでちょっと危ないです。

日没です。

埠頭では地元の方が釣りしてました。

島で知り合った人が帰る、というときは港まで見送りに行ってました。
右奥に小さく「あおがしま丸」が映ってます。この日は波が高くて船が来ないんじゃないか?って不安がってた観光客たちが、島影から船が現れた瞬間「船が来たぞー!」って拍手して喜んでました。

接岸するまでも、乗り込むまでも凄い苦労してましたが、無事に全員乗り込んで、手を振って見送るときはなんだか胸が熱くなりました。

島って面白いなぁって思ったもんです。

 

池の沢、ひんぎゃ、丸山遊歩道、ふれあいサウナ

外輪山の内側にある 池の沢噴気孔群(ひんぎゃ) と言われる蒸気が噴き出ている地域です。
地熱釜とサウナがあります。

宿がお弁当として、イモに玉子にシュウマイやウィンナーを用意してくれるので、この釜に入れて蒸して頂きます。
青ヶ島に来た観光客は、必ず1回はここで食事するはずです。

写真ではちょっと分かりにくいですが、目の前には「丸山」があり、その斜面から水蒸気が噴き出してます。

地熱釜からすぐそばにある東屋です。春休みも終わりかけの時期だったので、いつ行っても貸切状態で、ここで2回、昼食を食べました。

外輪山を眺めながらの食事になります。

なかなか贅沢なロケーションです。

右側の上り坂が丸山の遊歩道です。

1周20分ぐらいでしょうか?

丸山は1785年の噴火で形成されたとのこと。

最初は比較的歩きやすい整備された道ですが、徐々に根っこむき出しの道になります。

丸山から見た「平成流し坂トンネル」です。

集落からはこのトンネルを通って、外輪山の内側と行き来します。

わたしはレンタカーがあるから楽でしたが、徒歩組の観光客は急な坂道を行ったり来たりして島内を移動してました。

お富士様です。

丸山のカルデラです。木々がうっそうと茂っています。

ワイルドな 御猫様と遭遇。

猫ってこんな山道にもいるもんなんですね。

お富士様の化身かと思いました。

「ふれあいサウナ」では、地熱を活用したサウナを堪能できます。

いわゆるスチームサウナなのですが、自然の蒸気なのでその辺のサウナとは有難みが違います。

集落からふれあいサウナまで徒歩で1時間以上かかるので、レンタカーが無い人は通うのは大変だと思います。急な坂ばっかりだし。でも、ここに通えば知り合いが増えますよ。是非通ってみてください。

毎月第1、第3水曜日が定休日なのでご注意を。

 

次のページに続きます。

 

1 2 3 4
■旅行計画の立て方

STEP1.旅行の目的を決める!

目的無く旅に出るのも良いですが、それは上級者向け。

はじめに『目的』を決めた方が旅のプランを立てやすいです。『絶景が観たい』

  • 『おいしいものが食べたい』
  • 『ディズニーランド(USJ)に行きたい』
  • 『とにかく一人旅がしたい』
  • 『親孝行で温泉に連れて行きたい』

といった感じで『誰と何がしたいか?』を最初に決めることから始めましょう。

 

『旅の目的』が複数ある場合は、『優先順位』を決めておいた方が良いです。

予期せぬ事情で、現地で日程変更になった場合など、『最低限、これだけは譲れないよね』という共通認識がないと、その場で揉めることになります。

円満な旅のため、あらかじめ『優先順位』を決めておきましょう!

STEP2.予算を決める!

『誰と何がしたいか?』が決まれば、交通費や宿泊費、食費、その他経費(チケット代等)から概算で予算を決めましょう。

STEP3.目的地を決める!

『目的』と『予算』が決まれば、おのずと『目的地』が決まってきます。

目的によって旅の方角や季節が決まり、

予算によって海外 or 国内、近場かどうかが決まります。

行き先の候補を絞って行きましょう。

STEP4.交通手段を決める!

海外なら必然的に『飛行機』『船』に絞られます。

国内なら『飛行機』『新幹線・電車』『バス』『車』『自転車・徒歩』のどれかになると思います。




STEP5.日程を決める!

『目的地』が決まったら、関係各位とスケジュール調整をして『日程』を決めましょう。

長期連休の場合、交通費や宿泊費が高騰することが多々あるので、

可能ならピークの時期をずらすことをおすすめします。

STEP6.ツアー or 個人旅行を決める!

『予算』『目的地』『日程』が決まれば、

  • ツアーで行く
  • 個人で行く
  • 旅行代理店で宿や交通手段を個別に手配
  • 自分ですべて手配する

といった具体的な行程に入ります。

『行き方』は、この段階で決まることも多いでしょう。

STEP7.宿を決める!

ツアーでなければ、ご自身で『宿』を手配する必要があります。

予算や目的に応じて、最適な宿を探しましょう。

STEP8.現地下調べ&スケジュール作成!

ここまでで最低限の下準備は完了。

ここからは『より快適な旅にする』ための工程になります。

あとは『予算』『日程』に応じて、旅の『肉付け』をしていきます。

例えば、『南の島でダイビングをする』のが主な目的なら、それ以外の小さな目的を整理し、合間の移動時間を調べるなどして、詳細なスケジュールを立てていきます

観光ガイドブックやインターネットなどで、現地の観光スポットやグルメスポット、お土産など事前に調べておくと、無駄なく旅を過ごすことが出来ます。

このブログのように、体験談など調べておくのも一つです。

STEP9.必要なものを買い揃える!

『旅の準備』と『現地知識』を蓄えたら、あとは必要なものを買い揃える工程です。

旅慣れている方なら、不要なSTEPかもしれません。

  • スーツケース・旅行バッグ
  • 着替えや水着
  • 綺麗な思い出を残すためのカメラ
  • 携帯WIFI

などなど、『目的』や『行き先』、『日程』に応じた準備を行います。

海外に行く場合は、万が一のために『海外旅行保険』や『保険付きのクレジットカード』など用意しておくことをおすすめします。


STEP10.当日 旅立つ!

ここまで来ればもう準備万端。

『体調』を整え、『天気』が良いことを祈るばかり。

あとは旅行を満喫するだけ!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA