長野県

2018年一発目の旅!速報版⑤ ~長野~

雪の日本海を巡る旅 速報版第5弾です。

 

前回の記事までで

北陸3県と岐阜、新潟、長野県と巡り、

夜の野沢温泉で熱~い温泉を頂いたところまでをご紹介しました。

2018年一発目の旅!速報版④ ~新潟・長野~2018年の元日からスタートした旅の速報版の第4弾です。 前回の記事では、 富山と岐阜のグルメと温泉をメインにご紹介...

 

今回は、長野県の戸隠神社の5社巡りをメインにご紹介します。

長野県

長野市 戸隠神社

上信越自動車道の黒姫野尻湖PAで起床。

今回の旅で一番寒い夜でした。

この日の長野県信濃町付近の朝方の気温は

マイナス11度以下だったみたいです。

目が覚めて良かった・・。

 

朝一向かったのは、

戸隠神社です。

戸隠神社は5つの社からなります。

  • 中社
  • 宝光社
  • 火之御子社
  • 九頭龍社
  • 奥社

 

5社とも巡りたいと思い、

最初に行ったのは中社。

戸隠神社 中社です。

2018年6回目の初詣でございます。

左に推定樹齢700年の立派な御神木があります。

社務所で中社の御朱印を頂けます。

あとでご紹介する火之御子社の御朱印も頂けますよ。

階段は危険なので閉鎖されてました。

 

中社で参拝した後は

奥社に向かいます。

中社から奥社までは車で3分ぐらいでしょうか。

駐車場に停めて、往復4kmの道のりを歩きます。

 

雪に埋もれた看板です。

朝早いし寒いし雪だし、人は少なかったですね。

随神門です。

ここから先、杉並木が続きます。

樹齢400年を超えるクマスギの杉並木です。

現実感の無い光景が500mに渡って続きます。

 

雪に足を取られながら

奥社に到着です。

1時間近く掛かりました。

この鳥居の奥に奥社があります。

雪が積もり過ぎてて、屈まないと鳥居を潜れません。

この坂登るのも大変でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

戸隠神社 奥社です。

すぐそばに

戸隠神社 九頭龍社があります。

冬の間だけ、板で囲われてるんです。

社務所です。

こちらで、奥社と九頭龍社の2つの御朱印を頂けます。

社務所への入口がツルツルになってるので、

滑らないようにご注意を。

 

再び2kmの道のりを下ります。

下りは滑りながら降ります。

2回ほど転げ落ちました。

帰りの杉並木。

遠くに随神門が見えます。

初めての戸隠神社、こんな素晴らしい光景とは思いませんでした。

 

往復2時間ほどの道のり。

怪我せず帰って来れてホッとしました。

スノーシュー履いて来た方が安全です。

ヒールとかサンダルは絶対にやめましょう。

 

 

奥社、九頭龍社の次は火之御子社に向かいます。

道路からすぐそばにあります。

戸隠神社 火之御子社です。

こちらには人がいないので、御朱印はいただけません。

中社か宝光社で頂けます。

わたしは次に参拝する宝光社にて御朱印頂くことにしました。

ここにも立派な御神木が。

戸隠の杉は立派なものばかりです。

 

最後の宝光社に向かいます。

宝光社の鳥居です。

オシャレな狛犬さん。

宝光社へつながる階段です。

最後の難関です。

ツルツルの雪の斜面になってます。

落ちたらただじゃ済みません。

必死に手すりに捕まり、雪を蹴って足場を踏み固めながら登りました。

10分以上かけて登りました。

冬はこの階段使わない方が良いです。

危険です。

横に女坂というなだらかな道があるので

そっちで登ることをお勧めします。

戸隠神社 宝光社です。

社務所で火之御子社と宝光社の御朱印を頂きました。

戸隠神社 五社巡りの終了です。

 

長野市 蕎麦処うずら家

五社巡りの後は、

少し遅めの昼食を食べに

中社の方に戻ります。

 

向かったのは戸隠そばの名店

蕎麦処 うずら家さんです。

 

わさびは自分で擦ります。

個人的にそばよりうどん派なんですけど、

ここの蕎麦は価値観覆りそうなぐらい美味かった・・。

また来よう。

 

長野市 善光寺

うずら家さんを出た後に向かったのは

善光寺です。

戸隠を出発してすぐの高台からの光景。

良い景色です。

山を下り、長野市を見下ろせるところまで来ました。

長野市まで来れば、道の雪はほとんどなかったです。

戸隠神社は5社で1つとするなら、

今年7回目の初詣となります。

ニュースで色々騒がれてますが、参拝客は大勢いました。

本堂内陣券を購入し、本堂内に上がって見学させて頂きました。

真っ暗な道を歩くお戒壇巡りもしました。

時間切れで山門には登りませんでした。

また今度来たら登ろう。

善光寺でした。

この後は群馬県に向かいます。

 

まとめ

戸隠神社の五社巡りと、戸隠蕎麦、善光寺参拝の様子をご紹介しました。

 

前回の記事のまとめに書きましたが、

日程的に余裕があれば山形県まで行きたかったんです。

今年は山形県 出羽三山神社の神聖な冬景色が観られなくて残念だなって思ってたのですが、

戸隠神社の景色も負けず劣らず荘厳で素晴らしかった。

今度は違う季節に参拝してみたいと思いました。

 

ちなみに↓は2016年 冬に出羽三山神社に行ったときの光景です。

吹雪の五重塔の光景が忘れられません。

かなり先になると思うけど、

いつかこのブログで、出羽三山神社参拝時の様子を記事にしますね。

 

次回は2018年一発目の旅 速報版の最終回になります。

当ブログではおなじみの真冬の草津温泉と榛名神社を巡ります。

 

ではまた。

■旅行計画の立て方

STEP1.旅行の目的を決める!

目的無く旅に出るのも良いですが、それは上級者向け。

はじめに『目的』を決めた方が旅のプランを立てやすいです。『絶景が観たい』

  • 『おいしいものが食べたい』
  • 『ディズニーランド(USJ)に行きたい』
  • 『とにかく一人旅がしたい』
  • 『親孝行で温泉に連れて行きたい』

といった感じで『誰と何がしたいか?』を最初に決めることから始めましょう。

 

『旅の目的』が複数ある場合は、『優先順位』を決めておいた方が良いです。

予期せぬ事情で、現地で日程変更になった場合など、『最低限、これだけは譲れないよね』という共通認識がないと、その場で揉めることになります。

円満な旅のため、あらかじめ『優先順位』を決めておきましょう!

STEP2.予算を決める!

『誰と何がしたいか?』が決まれば、交通費や宿泊費、食費、その他経費(チケット代等)から概算で予算を決めましょう。

STEP3.目的地を決める!

『目的』と『予算』が決まれば、おのずと『目的地』が決まってきます。

目的によって旅の方角や季節が決まり、

予算によって海外 or 国内、近場かどうかが決まります。

行き先の候補を絞って行きましょう。

STEP4.交通手段を決める!

海外なら必然的に『飛行機』『船』に絞られます。

国内なら『飛行機』『新幹線・電車』『バス』『車』『自転車・徒歩』のどれかになると思います。




STEP5.日程を決める!

『目的地』が決まったら、関係各位とスケジュール調整をして『日程』を決めましょう。

長期連休の場合、交通費や宿泊費が高騰することが多々あるので、

可能ならピークの時期をずらすことをおすすめします。

STEP6.ツアー or 個人旅行を決める!

『予算』『目的地』『日程』が決まれば、

  • ツアーで行く
  • 個人で行く
  • 旅行代理店で宿や交通手段を個別に手配
  • 自分ですべて手配する

といった具体的な行程に入ります。

『行き方』は、この段階で決まることも多いでしょう。

STEP7.宿を決める!

ツアーでなければ、ご自身で『宿』を手配する必要があります。

予算や目的に応じて、最適な宿を探しましょう。

STEP8.現地下調べ&スケジュール作成!

ここまでで最低限の下準備は完了。

ここからは『より快適な旅にする』ための工程になります。

あとは『予算』『日程』に応じて、旅の『肉付け』をしていきます。

例えば、『南の島でダイビングをする』のが主な目的なら、それ以外の小さな目的を整理し、合間の移動時間を調べるなどして、詳細なスケジュールを立てていきます

観光ガイドブックやインターネットなどで、現地の観光スポットやグルメスポット、お土産など事前に調べておくと、無駄なく旅を過ごすことが出来ます。

このブログのように、体験談など調べておくのも一つです。

STEP9.必要なものを買い揃える!

『旅の準備』と『現地知識』を蓄えたら、あとは必要なものを買い揃える工程です。

旅慣れている方なら、不要なSTEPかもしれません。

  • スーツケース・旅行バッグ
  • 着替えや水着
  • 綺麗な思い出を残すためのカメラ
  • 携帯WIFI

などなど、『目的』や『行き先』、『日程』に応じた準備を行います。

海外に行く場合は、万が一のために『海外旅行保険』や『保険付きのクレジットカード』など用意しておくことをおすすめします。


STEP10.当日 旅立つ!

ここまで来ればもう準備万端。

『体調』を整え、『天気』が良いことを祈るばかり。

あとは旅行を満喫するだけ!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA