栃木県

日光諏訪観光!真冬の奥鬼怒&奥日光で温泉&滝巡り! 諏訪湖の御神渡りも!速報版!

長野県

諏訪湖

今回の旅の初日、

奥鬼怒温泉郷から帰ってる最中、

知人から

「諏訪湖に御神渡りが出来たらしい」

という情報が入ったので、

急遽長野に行くことにしたんです。

 

足利市を出て3時間以上走って

夜中の2時ごろ諏訪湖近くに到着です。

 

ネットで調べたところ、

下諏訪町の「赤砂公園」からすぐそばに

御神渡りが出来てると情報があったので、

赤砂公園に行きました。

「赤砂公園」に車を停めて、

赤砂崎公園グラウンドを通って諏訪湖に出られます。

この日は月明りが出てたので、

夜中でも薄っすらと見えます。

翌朝に向けて車中泊。

この日が一番寒かったです。

 

うわぁすげぇって感じです。

普通に諏訪湖の氷の上に足跡が出来てます。

この辺は「一之御渡り」です。

岡谷市の湊小学校のあたりまで続いているんです。

 

岡谷市の湊小学校付近からの眺めです。

この鋭い氷が勢いよく割れたって感じがしますね。

対岸の左側に赤い看板が見えますが、

そこがイオン諏訪店なんですけど、

イオンの手前に先ほどいた赤砂崎グラウンドがあるあたりです。

初めて御神渡りを見ることが出来たことも感動ですが、

諏訪湖の氷の上の景色も素晴らしいものでした。

栃木県から来るのに結構な体力を使いましたが、

来て良かった。

 

毒沢鉱泉 神の湯

御神渡りを見た後は、岡谷市から下諏訪町に移動。

前から行きたかった

毒沢鉱泉 神の湯に行きました。

安心と信頼の「日本秘湯を守る会」の会員宿です。

日帰り入浴は800円です。

鉱泉ですので源泉温度は2℃。

それを加温してます。

素晴らしい温泉でした。

神の湯が今回の旅の締めとなりました。

 

まとめ

2泊3日の旅を駆け足でご紹介しました。

やはり冬は温泉ですね。

たまりません。

毎日、凍えそうな思いをしながら車中泊しましたけど、

素晴らしい温泉に毎日入っていたおかげで

風邪をひくこともなく旅を終えることが出来ました。

温泉の効能はすごいです。

 

栃木県から長野県に向かう途中、

群馬県を素通りしなければならなかったのが

大変心苦しかったです。

 

雪があるうちにもう1回ぐらい

温泉巡り出来たら良いのですが。

 

御神渡りがいつまで観られるか分からないので、

お時間ある方は急いで諏訪湖に行ってみてくださいな。

 

ではまた。

1 2 3 4
■旅行計画の立て方

STEP1.旅行の目的を決める!

目的無く旅に出るのも良いですが、それは上級者向け。

はじめに『目的』を決めた方が旅のプランを立てやすいです。『絶景が観たい』

  • 『おいしいものが食べたい』
  • 『ディズニーランド(USJ)に行きたい』
  • 『とにかく一人旅がしたい』
  • 『親孝行で温泉に連れて行きたい』

といった感じで『誰と何がしたいか?』を最初に決めることから始めましょう。

 

『旅の目的』が複数ある場合は、『優先順位』を決めておいた方が良いです。

予期せぬ事情で、現地で日程変更になった場合など、『最低限、これだけは譲れないよね』という共通認識がないと、その場で揉めることになります。

円満な旅のため、あらかじめ『優先順位』を決めておきましょう!

STEP2.予算を決める!

『誰と何がしたいか?』が決まれば、交通費や宿泊費、食費、その他経費(チケット代等)から概算で予算を決めましょう。

STEP3.目的地を決める!

『目的』と『予算』が決まれば、おのずと『目的地』が決まってきます。

目的によって旅の方角や季節が決まり、

予算によって海外 or 国内、近場かどうかが決まります。

行き先の候補を絞って行きましょう。

STEP4.交通手段を決める!

海外なら必然的に『飛行機』『船』に絞られます。

国内なら『飛行機』『新幹線・電車』『バス』『車』『自転車・徒歩』のどれかになると思います。




STEP5.日程を決める!

『目的地』が決まったら、関係各位とスケジュール調整をして『日程』を決めましょう。

長期連休の場合、交通費や宿泊費が高騰することが多々あるので、

可能ならピークの時期をずらすことをおすすめします。

STEP6.ツアー or 個人旅行を決める!

『予算』『目的地』『日程』が決まれば、

  • ツアーで行く
  • 個人で行く
  • 旅行代理店で宿や交通手段を個別に手配
  • 自分ですべて手配する

といった具体的な行程に入ります。

『行き方』は、この段階で決まることも多いでしょう。

STEP7.宿を決める!

ツアーでなければ、ご自身で『宿』を手配する必要があります。

予算や目的に応じて、最適な宿を探しましょう。

STEP8.現地下調べ&スケジュール作成!

ここまでで最低限の下準備は完了。

ここからは『より快適な旅にする』ための工程になります。

あとは『予算』『日程』に応じて、旅の『肉付け』をしていきます。

例えば、『南の島でダイビングをする』のが主な目的なら、それ以外の小さな目的を整理し、合間の移動時間を調べるなどして、詳細なスケジュールを立てていきます

観光ガイドブックやインターネットなどで、現地の観光スポットやグルメスポット、お土産など事前に調べておくと、無駄なく旅を過ごすことが出来ます。

このブログのように、体験談など調べておくのも一つです。

STEP9.必要なものを買い揃える!

『旅の準備』と『現地知識』を蓄えたら、あとは必要なものを買い揃える工程です。

旅慣れている方なら、不要なSTEPかもしれません。

  • スーツケース・旅行バッグ
  • 着替えや水着
  • 綺麗な思い出を残すためのカメラ
  • 携帯WIFI

などなど、『目的』や『行き先』、『日程』に応じた準備を行います。

海外に行く場合は、万が一のために『海外旅行保険』や『保険付きのクレジットカード』など用意しておくことをおすすめします。


STEP10.当日 旅立つ!

ここまで来ればもう準備万端。

『体調』を整え、『天気』が良いことを祈るばかり。

あとは旅行を満喫するだけ!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA