栃木県

日光諏訪観光!真冬の奥鬼怒&奥日光で温泉&滝巡り! 諏訪湖の御神渡りも!速報版!

仕事終わりに「まだまだ寒いなぁ~」って空を見上げつつ

ふと思いました。

雪見露天風呂に入りたい・・って。

 

もう2月に入り、

のんびりしてたら冬が終わってしまう・・ということで、

欲望の赴くまま、

栃木県の奥鬼怒温泉に行き、

日光三名瀑を巡り、

中禅寺温泉や奥日光湯元温泉に入って

足利フラワーパークのイルミネーションを堪能し、

なんだかんだで長野県の諏訪湖の御神渡りを見てきましたので、

さくっと速報版で様子をご紹介します。

 

栃木県日光市 奥鬼怒温泉郷

深夜0時過ぎに日光に到着。

途中、何度も鹿にぶつかりそうになりつつ

夜中2時過ぎに女夫渕温泉跡地の駐車場に到着。

この日はここで車中泊。

翌朝、徒歩で奥鬼怒温泉郷に向かいます。

日の出とともに出発するつもりが、

寝坊してしまい、朝9時ごろに出発となりました。

こんな感じの林道をひたすら歩きます。

きちんと除雪されてますが、普通の靴だと滑り落ちるので、

対策が必要です。

新年一発目の旅のとき、圧雪した雪道に苦労したので、

今回は軽アイゼンを持って行ったのですが、大正解でした。

2018年一発目の旅!速報版⑤ ~長野~雪の日本海を巡る旅 速報版第5弾です。 前回の記事までで 北陸3県と岐阜、新潟、長野県と巡り、 夜の野沢温泉で...

 

雪に埋もれた看板です。

奥鬼怒温泉郷の地図です。

  • 加仁湯
  • 八丁の湯
  • 日光沢温泉
  • 手白沢温泉

の4つの温泉から成ります。

手白沢温泉は日帰り入浴やってないので

他3つを巡りました。

 

2時間ほど歩くと、

遠くにちっちゃく「八丁の湯」が見えてきます。

ここから30分ほどで到着です。

 

日光沢温泉

駐車場から2時間半ほどで奥鬼怒温泉に到着。

雪道じゃなければもう少し早く着くはず。

 

まずは一番奥にある「日光沢温泉」に向かいます。

ワンちゃんが出迎えてくれます。

露天風呂は上と下に分かれています。

こちらは上の露天風呂です。

こちらは下の露天風呂。

こちらはにごり湯で、

手前の方が熱くて温まります。

 

奥鬼怒温泉 加仁湯

加仁湯でございます。

わたしが温泉巡りにハマるきっかけとなった特別な温泉です。

第三露天風呂です。

ここの露天風呂が大好きで、

飲み物持ち込んでのんびりさせて頂きました。

ロマンの湯です。

小さな湯船が並んでます。

他にも貸切露天風呂や内湯もあります。

大満足でした。

奥鬼怒温泉 八丁の湯

加仁湯の次は八丁の湯です。

八丁の湯はにごり湯ではなく、透明なお湯となっております。

 

加仁湯と八丁の湯には2015年、2016年と訪問していて、

2015年の分はすでに記事にしているので

良かったら↓もどうぞ。

奥鬼怒温泉の加仁湯と八丁の湯に歩いて行ってきた感想2015年のゴールデンウィークのお話です。 栃木だけで3泊して、集中的に観光していました。 初日は、奥鬼怒温泉郷です...

 

八丁の湯を出たら急いで駐車場に戻ります。

日没ぎりぎりに駐車場に到着。

帰りは下りが多いので、2時間弱でした。

 

冬の奥鬼怒温泉郷では

雪見露天風呂の醍醐味を味わえます。

 

次に続きます。

1 2 3 4
■旅行計画の立て方

STEP1.旅行の目的を決める!

目的無く旅に出るのも良いですが、それは上級者向け。

はじめに『目的』を決めた方が旅のプランを立てやすいです。『絶景が観たい』

  • 『おいしいものが食べたい』
  • 『ディズニーランド(USJ)に行きたい』
  • 『とにかく一人旅がしたい』
  • 『親孝行で温泉に連れて行きたい』

といった感じで『誰と何がしたいか?』を最初に決めることから始めましょう。

 

『旅の目的』が複数ある場合は、『優先順位』を決めておいた方が良いです。

予期せぬ事情で、現地で日程変更になった場合など、『最低限、これだけは譲れないよね』という共通認識がないと、その場で揉めることになります。

円満な旅のため、あらかじめ『優先順位』を決めておきましょう!

STEP2.予算を決める!

『誰と何がしたいか?』が決まれば、交通費や宿泊費、食費、その他経費(チケット代等)から概算で予算を決めましょう。

STEP3.目的地を決める!

『目的』と『予算』が決まれば、おのずと『目的地』が決まってきます。

目的によって旅の方角や季節が決まり、

予算によって海外 or 国内、近場かどうかが決まります。

行き先の候補を絞って行きましょう。

STEP4.交通手段を決める!

海外なら必然的に『飛行機』『船』に絞られます。

国内なら『飛行機』『新幹線・電車』『バス』『車』『自転車・徒歩』のどれかになると思います。




STEP5.日程を決める!

『目的地』が決まったら、関係各位とスケジュール調整をして『日程』を決めましょう。

長期連休の場合、交通費や宿泊費が高騰することが多々あるので、

可能ならピークの時期をずらすことをおすすめします。

STEP6.ツアー or 個人旅行を決める!

『予算』『目的地』『日程』が決まれば、

  • ツアーで行く
  • 個人で行く
  • 旅行代理店で宿や交通手段を個別に手配
  • 自分ですべて手配する

といった具体的な行程に入ります。

『行き方』は、この段階で決まることも多いでしょう。

STEP7.宿を決める!

ツアーでなければ、ご自身で『宿』を手配する必要があります。

予算や目的に応じて、最適な宿を探しましょう。

STEP8.現地下調べ&スケジュール作成!

ここまでで最低限の下準備は完了。

ここからは『より快適な旅にする』ための工程になります。

あとは『予算』『日程』に応じて、旅の『肉付け』をしていきます。

例えば、『南の島でダイビングをする』のが主な目的なら、それ以外の小さな目的を整理し、合間の移動時間を調べるなどして、詳細なスケジュールを立てていきます

観光ガイドブックやインターネットなどで、現地の観光スポットやグルメスポット、お土産など事前に調べておくと、無駄なく旅を過ごすことが出来ます。

このブログのように、体験談など調べておくのも一つです。

STEP9.必要なものを買い揃える!

『旅の準備』と『現地知識』を蓄えたら、あとは必要なものを買い揃える工程です。

旅慣れている方なら、不要なSTEPかもしれません。

  • スーツケース・旅行バッグ
  • 着替えや水着
  • 綺麗な思い出を残すためのカメラ
  • 携帯WIFI

などなど、『目的』や『行き先』、『日程』に応じた準備を行います。

海外に行く場合は、万が一のために『海外旅行保険』や『保険付きのクレジットカード』など用意しておくことをおすすめします。


STEP10.当日 旅立つ!

ここまで来ればもう準備万端。

『体調』を整え、『天気』が良いことを祈るばかり。

あとは旅行を満喫するだけ!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA