栃木観光の旅! ゴールデンウィーク 奥鬼怒温泉の旅!

2015年のゴールデンウィークのお話です。

栃木だけで3泊して、集中的に観光していました。

初日は、奥鬼怒温泉郷です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

奥鬼怒温泉郷

みなさん、鬼怒川温泉は聞いたことがあるかと思います。

鬼怒川温泉からさらに50kmほど山奥に奥鬼怒(おくきぬ)温泉郷はあります。

奥鬼怒温泉郷は

  • 加仁湯
  • 八丁湯
  • 日光沢温泉
  • 手白沢温泉

の4つの温泉から成ります。

奥鬼怒温泉へは自家用車では行くことが出来ません。

宿泊客には送迎バスがあるのですが、

日帰り入浴客は、ふもとの「夫婦渕温泉駐車場」というところに車を停めて、

歩いていかなければなりません。

上の看板に書いてますが、

徒歩のルートは2つありまして、

送迎バスが通る未舗装の車道ルートと、

山道を歩くルートがあります。

八丁湯だと、

山道で4.5km

車道だと8.5km

も歩かなければなりません。

山道ルートの入口が見つからず、

仕方なく車道ルートで歩きました。

出発は朝8時過ぎです。

8.5kmひたすら砂利道を上ります。

途中、何度も送迎バスが通り

そのたびに砂煙で咳き込みます。

積雪のシーズンだと車道ルートを歩くしかないそうですが、冬以外は車道ルートはお勧めできません

ただし、山道ルートも熊出没注意の看板があちこちありますので、

クマよけの鈴を持って行ってください。

あと靴は歩きやすい靴で行ってくださいね。

ちなみに、奥鬼怒初体験だったもんで、

どのぐらい大変かわからず、

サンダル履きで

風呂セットを片手に

肩からバスタオルをかけてあるくという

近所の銭湯に行くかのような超お気楽な格好だったもんで

送迎バスの客からは好奇の目で見られていたことでしょう。

10時半過ぎにようやく奥鬼怒温泉郷に到着です。

加仁湯

まずは加仁湯に立ち寄ります。

このときは温泉混んでて写真撮れなかったんですが、

2016年に行ったときは、客が一人もいなくて写真撮れたので載せておきます。

山道歩いてる最中の写真や動画もありますが、それは2016年のときの記事に載せますね。

入浴剤?ってくらい綺麗な乳白色です。

これが天然温泉なんですからたまりません。

2時間歩く価値があります。

この露天風呂の対岸の斜面を鹿が歩いていました。

本当に山奥なんです。

風呂の構成は以下の通りです。

  • 混浴露天風呂   3か所
  • 女性専用露天風呂 1か所
  • 内湯(男女別)  1か所

僕は男なので何とも言えませんが、

お湯が白く濁っていますし、タオル巻きOKなので、

女性も入りやすいんじゃないかと・・・。

泉質は硫黄泉で、源泉が5つあります。

加仁湯大好きです。

歩くの嫌な人でも宿泊で行ってみてください。

冬の雪見露天風呂は最高だと思います。

加仁湯 日帰り入浴 情報

名称 加仁湯
公式HP http://www.naf.co.jp/kaniyu/welcome.stm
電話番号 0288-96-0311
住所 〒321-2717 栃木県日光市 川俣871
営業時間 9:00~15:00
料金 500円

タオル300円

泉質 硫黄泉-ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)

弱酸性



八丁湯

加仁湯のあとは隣の八丁湯に移動。

歩いて数分で着きます。

露天風呂内に滝があります。

無色透明の温泉です。

風呂の構成は以下の通りです。

  • 混浴露天風呂   3か所
  • 女性専用露天風呂 1か所
  • 内湯(男女別)  1か所

加仁湯と違って透明な温泉です。

タオルOKとはいえ女性は恥ずかしいかもしれません。

まぁ、湯浴み着の女性が結構いましたので、

大丈夫だと思いますが。

八丁湯も良いですが、

やっぱり加仁湯の方が好きですね。

八丁湯 日帰り入浴 情報

名称 八丁湯
公式HP http://www.8tyo-no-yu.co.jp/
電話番号 0288-96-0306
住所 〒321-2717 栃木県日光市川俣876
営業時間 9:00~15:00
料金 500円
泉質 単純硫黄温泉

pH7.2で中性です。



帰り・・・

手白沢温泉はそもそも日帰り入浴不可です。

日光沢温泉に立ち寄るか悩みましたが、

またの機会にしました。

夫婦渕温泉の駐車場に向けて

今度は山道ルートを通って帰ります。

サンダル・バスタオルに風呂道具持って歩いて良いルートじゃないです。

すれ違う人たちは皆さん、ちゃんとした装備の人ばかりです。

駐車場に着くころには汗だくになります。

この日のうちに、奥鬼怒から那須塩原に移動して車中泊しています。

続きはまた今度。

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする