滋賀県

滋賀観光!彦根城でひこにゃんと出会う。2017年は彦根城築城410年です!

京都滋賀観光で中断してた2016年の旅行の続きです。

滋賀県の彦根城に行ったときのお話しをご紹介します。

 

前回の記事はこちら↓

あわせて読みたい
京都観光!伏見稲荷大社 本宮祭・宵宮祭の非現実的な美しさを堪能2016年7月、伏見稲荷大社の本宮祭・宵宮祭に行ったお話をご紹介します。 前回の記事では、 金閣寺に行き、嵐山の渡月...

 

先週末の京都滋賀旅行の速報版と言い、

ここ数回の記事は、2016年、2017年の近畿の旅を重点的にご紹介してますね。

あわせて読みたい
京都観光!神社仏閣巡り速報版③~京都水族館・伏見稲荷大社 本宮祭~1泊2日の京都・滋賀観光の速報版第三弾です。 これがラストです。 夜の京都水族館、伏見稲荷大社のお祭り二日目 本宮祭に行って...

 

滋賀県 彦根市 彦根城

彦根城は琵琶湖八景の1つです。

月明(げつめい)とありますが

これは月明りに浮かぶ彦根城のことだそうです。

一年前なので記憶が定かではないですが、

この地図の右下にある駐車場に停めたと思います。

表門を入ると右側に彦根城博物館がありますが、

後回しにしてまずは天守に向かいます。

廊下橋が見えてきました。

廊下橋を下から見たところです。

非常時にはこの橋を落とし、敵の侵入を防ぐ役割があったそうです。

白い建物が重要文化財の天秤櫓(てんびんやぐら)です。

廊下橋を渡り、天秤櫓を通ります。

右側が木で隠れてますが、

左右対称の櫓があり、天秤のような形をしていることから天秤櫓と呼ばれています。

奥の鐘は時報鐘(じほうしょう)です。

今も定時に鐘が鳴っているんだそうです。

良い写真が無かったのですが、

重要文化財の太鼓門櫓(たいこもんやぐら)です。

 

天守が見えてきます。

1年前ですがすごい暑かった記憶があります。

日傘差してる人が多いです。

国宝の天守でございます。

姫路城・松本城・松江城・犬山城とともに国宝5城の1つです。

1604年に着工し、1622年に城郭含めて完成。

ひこにゃんの看板が出迎えてくれます。

彦根藩の二代藩主 井伊直孝に縁のある白猫をモデルにしたんですって。

天守の中に入ります。

国宝指定書が飾られています。

こんな紙切れなんですね。

 

柱にこんな傷が・・・最低ですね。

天守閣から見る彦根市の風景です。

外に出て改めて天守を見上げます。

良いですね。

着見台からの景色です。

遠くに琵琶湖が見えます。

彦根城博物館に向かいます。

井伊家の赤備えが展示されています。

この兜、ひこにゃんも被ってますね。

 

彦根城博物館はフラッシュや三脚を使わず、周りの迷惑にならなければ

写真撮影OKとのこと。

企画展や特別展があれば、それは撮影禁止になる場合もあるとのことです。

博物館内にある江戸時代の能舞台です。

子供が稽古中でした。

能舞台の見所です。

みどころじゃないですよ。けんしょって読みます。

復元された表御殿です。

気合い入った博物館です。

彦根城博物館の冠木門でひこにゃんが登場します。

暑いのでしょうか。

日陰に登場です。決して日向には出ません。

可愛いですね。

ひこにゃんの精一杯のパフォーマンスです。

若干汚れてるような気がしないでもないですが、可愛いです。

 

2016年は天守前に登場したり、この冠木門に登場したり

時間帯によって違っていたのですが、

今年はずっと冠木門だそうです。

 

平成29年7月29日より
10:30~11:00 彦根城博物館(冠木門)
13:30~14:00 彦根城博物館(冠木門)
15:00~15:30 彦根城博物館(冠木門)

天候とかイベントによって、スケジュール変更あるかもしれないので、

現地の案内板の「本日のひこにゃん」で当日スケジュールをご確認してもらうか、

現地のスタッフさんに聞いてみてくださいな。

井伊大老の銅像です。

 

滋賀県 彦根市 彦根城 情報

名称 彦根城
公式HP 彦根城の築城410年記念公式HP
http://hikone-410th.com/
彦根城博物館の公式HP
http://hikone-castle-museum.jp/
電話番号 0749-22-2742
住所 〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町1−1
営業時間 彦根城、彦根城博物館ともに
8:30~17:00(16:30までに入館)
年中無休
入場料 平成29年3月18日~平成29年12月10日まで
彦根城410年祭開催中で通常料金とは異なっています。
■彦根城共通券
一般 1000円
小中学生 300円■彦根城博物館
一般 500円
小中学生 250円■彦根城と博物館のセット券
一般 1500円
小中学生 550円
30名以上は団体割引あり。平成29年12月11日以降は通常料金に戻ります。
■彦根城共通券
一般 600円
小中学生 200円■彦根城博物館
一般 500円
小中学生 250円

■彦根城と博物館のセット券
一般 1000円
小中学生 350円
30名以上は団体割引あり。

 

滋賀県 彦根市 彦根城 地図

まとめ

彦根城をご紹介しました。

今年は大河ドラマの井伊直虎があったり注目を集めていますね。

今回この記事を書くにあたって、彦根城について調べてたら2017年は彦根城築城410年ということで以下のようなプロモーションムービーまで作成されてます。

 

先週、滋賀県に行って琵琶湖の近くにもいましたが、

410年祭が行われているとは全く知りませんでした。

410年っていまいちキリが良くないけど、

町が盛り上がるなら良いですね。

きっと420年祭もやるんでしょう。

410年祭の公式HPを観ると、ブルーインパルスも来てたんですって。

天秤櫓や今回ご紹介できなかった西の丸三重櫓で特別展を開催中とのことです。

夏休みに行ってみてはいかがでしょうか。

 

彦根城の後は、岐阜県に移動し、

飛騨高山・下呂温泉と巡るのですが、

それはまた次の記事で。

あわせて読みたい
飛騨高山下呂観光!梗絲で飛騨牛にぎり、下呂で白鷲の湯と鶏ちゃん定食を頂く。2016年、岐阜県の飛騨高山、下呂温泉に行ったときのお話をご紹介します。 ↓前回の記事では、滋賀県の彦根城をご紹介しました...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA