箱根観光!箱根湯本 天山湯治郷に行く。

今回は、箱根の天山湯治郷をご紹介します。

伊豆・箱根旅行の記事ですが、

鎌倉のあじさい巡りで中断していました。

前回の記事では、

伊豆の怪しい少年少女博物館、ねこの博物館を出て、

道の駅 伊東マリンタウンで食事したところまでご紹介しました。

↓前回の記事はこちら

スポンサーリンク
スポンサードリンク

箱根町 天山湯治郷

道の駅 伊東マリンタウンの次に向かったのは、

箱根湯本の「天山湯治郷」です。

日帰りのみで、夜23時まで営業しています。

箱根に温泉入りに来たら、必ず立ち寄ってる気がします。

上の写真の通り、駐車場が広いし、夜遅くまで日帰りやってるし

とても便利なんです。

館内はお香の匂いがして、

BGMも無く、

静かで落ち着く空間です。

天山湯治郷のお風呂についてですが、

必要最低限の照明しかなく、薄暗くて僕好みなんです。

なので、天山湯治郷は昼より夜に行った方が良い雰囲気でお風呂に入れると思います。

内湯もあるにはあるのですが、壁が無いのでほぼ露天風呂です。

男湯の岩風呂は3段の湯船になっていて、手すりを頼りに岩を上り下りして移動します。

一番上の湯船には恵比須様がいますよ。

女湯には洞窟風呂があるんだとか。

偶数月、奇数月で男女の湯船を入れ替えたりしてくれたら嬉しいんですが。

昼寝するためだけの建物があります。

夜は暗くて見えませんが、

昼間なら目の前に流れる川をぼぉ~っと眺めながら寝たりします。

中庭です。

秋頃の朝早くに来たときは、

従業員さんが落ち葉を集めてたき火をしてる様をぼぉ~っと眺めてます。

天山湯治郷では時間の流れがゆっくりです。

右側の建物は、「山法師」というお食事処で「うな重」をよく食べてました。

21時まで営業しているのですが、今回、天山湯治郷に到着した時点で21時過ぎてたので間に合いませんでした。

箱根町 天山湯治郷 情報

名称 箱根 天山湯治郷
公式HP  http://tenzan.jp/
電話番号  0460-86-4126
住所  〒250-0312 神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋208
営業時間  9:00~23:00 (受付22:00まで)
定休日無し
料金 大人1300円 子供650円
泉質 ナトリウム塩化物泉

箱根町 天山湯治郷 地図

まとめ

天山湯治郷は、僕の知る限り、日本屈指の日帰り温泉施設です。

箱根に行って、どこの温泉に入るか悩んだら、天山湯治郷に行っとけば間違いないです。

駐車場広いですが、昼頃になると駐車場待ちで行列になるので

もし行くなら、午前中の早い時間に行くか、

夜遅い時間帯に行った方が良いですよ。

お土産屋さんにある黒ごま饅頭がおいしいですよ。

天山湯治郷を出た後は、道の駅 箱根峠で車中泊して

翌朝 大涌谷に向かうのですが、

それはまた次の記事で。

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする