伊豆観光!遊覧船で堂ヶ島天窓洞巡り。

3月に伊豆・箱根に行ったときのお話です。

西伊豆の堂ヶ島 天窓洞に行ったり、箱根の大涌谷に行きました。

まずは天窓洞についてです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

西伊豆町 堂ヶ島天窓洞

休みの前日、仕事が終わり次第、夜のうちに車を飛ばして西伊豆の道の駅に到着し、車中泊。

翌朝8時頃に堂ヶ島の遊覧船乗り場に到着しました。

堂ヶ島に来るのは10年振りです。

10年前は車で遠出する習慣が無かったので、伊豆に行っただけでかなり遠出した気になってました。

今となっては、車で北海道行ったり九州行ったり遠出する機会が増えたんで、伊豆がすっごい近場に感じました。旅を経て自分の尺度が変わったんですね。

この日はとても良い天気でした。

堂ヶ島の遊覧船が並んでいます。

ここまで来たなら、遊覧船に乗らない手はありません。

コースは4つあります。

  1. 天然記念物 洞くつめぐり
    大人:1200円 子供600円
    所要時間:20分
    運行時間:8:15~16:30
    15~20分間隔で運行
  2. 堂ヶ島クルーズ
    大人:1700円 子供850円
    所要時間:25分
    1日1~2便で曜日・季節で出航時間が違います。
    詳しくは公式HPをチェックしてください。
  3. 千貫門クルーズ
    大人:2300円 子供1150円
    所要時間:50分
    1日2~4便で曜日・季節で出航時間が違います。
    詳しくは公式HPをチェックしてください。
  4. ジオサイトクルーズ
    大人:1900円 子供1100円
    所要時間:50分
    土曜日12:00のみ運行しています。

当然、天候次第で欠航になることもあります。

どのコースでも、堂ヶ島天窓洞は行けるはずです。

洞くつめぐり以外は、高速クルーザーでの移動です。

遊覧船の乗車券売り場です。

「堂ヶ島マリン」という会社が運営しています

手前のジャラジャラしたのは貝殻です。

遊覧船乗り場です。

海が綺麗ですね。

僕が乗った遊覧船です。

こいつが高速クルーザーですね。

いよいよ出航です。

団体さんがどっと来たので、臨時便が出ていました。

岩の間を縫うように走ります。

船内アナウンスで、色々説明が流れてましたが、

全然聞いてなかったので、どれがなんて岩なのか分かりません・・。

出航してから15分くらいたって、洞窟めぐりコースの終盤で天窓洞に入っていきます。

天窓洞です。

天井が抜けて空が見えます。(白く飛んでますが・・)

後でご紹介しますが、

遊歩道が整備されていて天窓洞の上まで行けるので、遊覧船が通り過ぎる様子を見ることが出来ます。

壁に激突しない運転技術が素晴らしいです。

天窓洞から太陽の光が差し込んでいます。

海の底が透き通って見えるくらい綺麗です。

天窓洞を出た後は、5分もせずに遊覧船乗り場に戻ってきます。

洞くつめぐりコースは20分程度なので船酔いしないで済むと思います。

大きい方の地図の青い破線が、洞窟巡りコースになっています。

右側の小さ目の地図の黄色い線は、天窓洞を上から見ることが出来る遊歩道のコースです。

遊覧船を降りて、堂ヶ島公園に向かいます。

亀岩展望台からぐるっと回って天窓洞に行くことにしました。

遊歩道はこんな感じで整備されています。

階段が結構多かった気がします。

ここが亀岩展望台です。

ここから見るとどれが亀岩?って感じですが、

船から見たのが↓で、亀の甲羅っぽく見えなくもないです。

この写真の真ん中の岩が亀岩ですね。

右側の岸壁の木のちょい左側に柵らしきものが見えますが、ここが亀岩展望台です。

展望台から遊覧船を見下ろしています。

こう見ると、柵が無いので転んだら海まで転げ落ちますね。

日本三景の一つである宮城県の「松島」に匹敵することから「伊豆の松島」って言うんですって。

「匹敵」って表現に、松島へのライバル心とか地元愛的なものが伝わってきます。

干潮だと歩いて渡れるんですね。

堂ヶ島あたりの地形はなかなか面白いですね。

この辺は夕日も綺麗らしいので、いつか違う時間帯に訪れてみたいと思いました。

草ぼーぼーで分かりにくいですが、天窓洞です。

反対側に回ります。

天窓洞です。

遊覧船が通るとこんな感じ。

なかなか船が来なくて10分くらい待ちました。

運行間隔が15~20分なので、ぜひ船が通るまで待ちましょう。

そういえば、乗船者と目が合った気がして、意を決して手を振ってみましたがシカトされました。

きっと逆光で見えなかったんです。

乗船券売り場でこんなのを見つけました。

パンフレットの裏側にねこの博物館館長の写真があるのですが、猫が好きな人には見えないです。

わたくし、猫に目が無いのでこの日行くことにしました。

ねこの博物館に行ったときの様子はまた別の記事にします。

西伊豆町 堂ヶ島 天窓洞 情報

名称 堂ヶ島 洞くつめぐり遊覧船 堂ヶ島マリン
公式HP http://www.izudougasima-yuransen.com/
住所 〒410-3514 静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2060
電話番号 0558-52-0013
費用 洞窟巡りコースなら
大人1200円 子供600円

西伊豆町 堂ヶ島 天窓洞 地図

まとめ

10年振りの堂ヶ島、天気が良くて、天窓洞から差し込む太陽と透き通った青い海がとても綺麗でした。

短時間でも船に乗ると旅情が深まります。

周りには堂ヶ島温泉もありますし、レストハウスで食事もできます。

東京近郊の方も、伊豆なら突発でも行けると思います。

天気の良い日にぜひどうぞ。

次回も引き続き、伊豆・箱根旅行について書いていきます。

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする