京都府

【京都 永観堂の紅葉2018】混雑を避けるには?ライトアップや見どころをご紹介!

京都には紅葉スポットが数多くありますが、中でもおすすめなのが『永観堂』(禅林寺)です。

入場待ちの長蛇の列が出来る人気スポットにおいて、比較的混雑を避けやすいおすすめの時間帯やアクセス方法、ライトアップ情報に見どころなど写真たっぷりでご紹介します!

 

【京都おすすめ観光スポット 独断まとめ 2018】名所・温泉・グルメ【随時更新】都道府県の魅力度ランキングでは毎年北海道と1位を競っている『京都府』 実際に行って・食べて・体験した スポットをまとめてご紹介しま...

京都市左京区 『永観堂』(禅林寺)

平安時代から紅葉の名所として名高い『永観堂』

秋には約3000本ものモミジが赤く染まります。

永観堂の紅葉

境内で最も高所にある『多宝塔』からは真っ赤な境内と京都市街を一望できます。

永観堂の紅葉

永観堂 住所・営業時間・拝観料金・アクセス方法

名称 永観堂(禅林寺)
住所
営業時間 9:00~17:00(受付16:00)

夜の特別拝観(もみじのライトアップ)
17:30~21:00(受付20:30まで)

拝観料金 秋の寺宝展の拝観料金
一般1,000円、小中高生400円

夜間特別拝観料金
中高生以上600円

※秋以外は通年で以下の料金です。
一般600円、小中高生400円
団体30名以上で割引あり

アクセス方法 地下鉄東西線 蹴上駅下車 徒歩15分
市バス 「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分
徒歩10分圏内にコインパーキングもあります

 

永観堂 地図

永観堂 例年の紅葉見頃時期と混雑状況

例年の紅葉の見頃は11月中旬~11月末です。

今回ご紹介しているのは2017/11/23に訪問したときの様子です。

まさに見ごろを迎えていました。

永観堂 混雑状況とおすすめの時間帯

開門9時前から行列が出来るほどの人気があり、かなり混雑するものと覚悟が必要ですが、比較的空いているおすすめの時間帯について紹介します。

  • 9:00~10:30まで
  • 16:00~17:00の閉門まで
  • 19:00~20:30のライトアップ終了まで

私は11時頃に行って、多少並んだ程度で入場出来たのですが、13時過ぎになると、入場待ちの行列がえげつないぐらい伸びてました。入場してしまえば、見所が分散されているので、入場待ちほどの窮屈な思いはしないはず・・。

歩くペースも遅くなりますし、所要時間は1時間~2時間を見込んだ方が良いです。

夜間のライトアップは未経験ですが、ライトアップ開始時は1時間以上の行列を覚悟した方が良いです。

徒歩圏内に京都随一の紅葉スポット『南禅寺』がありますから、あわせて拝観することをおススメします。

永観堂 紅葉ライトアップ情報

『永観堂』のライトアップ日程についてです。

2018/11/3~12/2

17:30~21:00(20:30受付終了)
日中の拝観が17:00までで、全員入替になります。
紅葉の進み具合によって、ライトアップの日程は変動する可能性もありますので、事前にチェックしてください。

京都市左京区 『永観堂』(禅林寺)の見どころ

浄土宗西山 禅林寺派総本山の『禅林寺』が正式名称で『永観堂』は通称となります。

11時過ぎに到着。

こちらが『総門』です。

混雑していましたが、10分ほど並ぶだけで入場出来ました。

この日は平日だったのもあって、午前中までに行ければ並ばずに済むようです。

中を入るとそこは紅い世界です。

紅葉の季節は『秋の寺宝展』という特別拝観料金が設定されています。

大人1,000円、小中高生400円です。

小中高生が同一料金なので、京都の観光スポットにしては比較的良心的かと。

朝9時~17時まで拝観可能。

17時半以降の『夜の特別拝観』は別料金で中高生以上600円となっています。

昼と夜で入れ替わり制ですので、夜間ライトアップを狙うなら17時半前から並ぶようにしましょう。

 

『総門』を入って真っすぐ進むとあるのが、あ京都府指定文化財の『中門』です。

永観堂 放生池

中門を入ってすぐ右手の丘から見下ろす『放生池』

『永観堂』境内マップです。

永観堂 多宝塔

混みそうだなって思ったので、通路が狭い『多宝塔』から先に行きました。

上の境内マップだと右上に位置します。

永観堂の紅葉

多宝塔までの通路。

人がびっしりです。

地面にびっしり紅葉が落ちています。

11月下旬に行ったのですが、このペースで落葉したら12月にはかなり少なくなっちゃいそうです。

こちらは阿弥陀堂への行列です。

ここは多宝塔の後に行ってます。

石段を上って多宝塔に向かいます。

永観堂の紅葉

多宝塔に到着。

近くに寄り過ぎて見上げるしかないです。

遠くから見るのが良いですね。

多宝塔からの眺望。

境内が紅葉で満たされています。

『日想観』という眺めだそうです。

この『○○観』という言葉で思い出したのは、

『天橋立』の『飛龍観』や『昇龍観』です。

【京都 天橋立】ビューランドと傘松公園からまたのぞき!アクセス・名物グルメ・日帰り温泉情報も!『日本三景 天橋立』について、写真たっぷりで見どころをご紹介します。 『天橋立』の両岸には、『飛龍観』『昇龍観』という絶景を堪能で...

あとは松島の『四大観』もありますね。

狭い足場に人が大勢いるんで、あまりゆっくりは滞在できません。

下からもどんどん人が上がってきますし。

ぱっと行って写真撮って、しばらく見てパッと降りましょう。

『多宝塔』を降りて、寺宝展の拝観を目指します。

『釈迦堂』前を通ったので写真を一枚。

うわぁ混んでるなぁって思いながら先に進みます。

どこを切っても絵になります。

永観堂 寺宝展 釈迦堂と阿弥陀堂(みかえり阿弥陀)

特別拝観に向かいます。

中に入るとうんざりするぐらいの人でした。

静かな空間を楽しむなんて不可能です。

室内の撮影は出来ません。

人は多いですが庭はお綺麗です。

どこ見ても赤いので牛だったら大変です。

実際、現場で見るとため息がでるばかりです。

寺宝展の最終地点は『阿弥陀堂』です。

御本尊の『みかえり阿弥陀如来』を拝見。

振り返ってる阿弥陀如来像は初めて見ました。

阿弥陀堂を出て、放生池に向かいます。

この日は秋晴れでした。

永観堂 御朱印

永観堂の御朱印も頂きました。

永観堂 放生池から見る多宝塔

こちらが放生池です。

放生池の中にある弁天堂。

放生池から見る『多宝塔』です。

やっぱり遠くから見た方が良いですね。

お茶席も設けられてました。

お茶と甘味が提供されてたようです。

混んでたのでわたしは諦めました…。

外国人観光客が大勢来てましたよ。

『永観堂』の紅葉に魅了されっぱなしでしたが、

ここが特にお気に入りです。

赤と黄色のコントラストが素晴らしい・・

 

『永観堂』を堪能し、外に出たのが13時半過ぎ。

ひどい行列になっていました。

『南禅寺』の紅葉を楽しみ、昼食を食べた人たちが一斉に『永観堂』に来たのでしょう。

並ぶ価値はありますが、こんなに並びたくないなと思いました。

南禅寺の水路閣
【京都 南禅寺の紅葉2018】混雑を避けるには?見頃や見どころをご紹介!京都随一といわれる【南禅寺の紅葉】について、 混雑を避けるためにおすすめの時間帯や見どころや周辺観光スポット情報など、 写真...
天授庵 南庭 池泉回遊式庭園
【京都 天授庵の紅葉2018】混雑状況は?ライトアップ情報など見どころをご紹介!京都市左京区『南禅寺』塔頭の『天授庵』は紅葉の名所として知られています。 今回は、秋の魅力あふれる『天授庵』の見どころや混雑状況、...

まとめ

『永観堂の紅葉』をご紹介しました。

近くの『南禅寺』と合わせていくことをおススメしますが、どちらかは早朝から回るようにして、午前中のうちに『南禅寺』『永観堂』を回った方が良いです。

そうでないと入場待ちがひどいことになります。

昼食とるなら2つ巡った後の方が良いかと思います。

 

大変だと思いますが、秋の京都を堪能するには『永観堂』は外せません。

是非とも拝観し、紅葉に満たされてください。

京都 観光スポットまとめ

【京都おすすめ観光スポット 独断まとめ 2018】名所・温泉・グルメ【随時更新】都道府県の魅力度ランキングでは毎年北海道と1位を競っている『京都府』 実際に行って・食べて・体験した スポットをまとめてご紹介しま...

京都のおすすめ紅葉スポット

京都には数多くの紅葉スポットが存在します。

実際にわたしが足を運んだ紅葉スポットについて別の記事で紹介しているので、

京都紅葉巡りの参考にして頂ければと思います。

清水寺の三重塔
【京都の紅葉名所2018】おすすめスポット10選をご紹介!見頃と混雑状況は? 独断と偏見で選んだ 京都のおすすめ紅葉名所10選【2018年版】をご紹介! 京都各地に存在する紅葉スポットの見頃時期...
高台寺の紅葉ライトアップ
【京都 紅葉ライトアップ名所 2018】おすすめスポット5選!拝観料や拝観時間をご紹介!独断と偏見で選んだ京都の紅葉ライトアップ名所のおすすめ5選【2018年版】をご紹介! 息を飲むほど美しい紅葉のライトアップ情報、見...

 

■旅行計画の立て方

STEP1.旅行の目的を決める!

目的無く旅に出るのも良いですが、それは上級者向け。

はじめに『目的』を決めた方が旅のプランを立てやすいです。『絶景が観たい』

  • 『おいしいものが食べたい』
  • 『ディズニーランド(USJ)に行きたい』
  • 『とにかく一人旅がしたい』
  • 『親孝行で温泉に連れて行きたい』

といった感じで『誰と何がしたいか?』を最初に決めることから始めましょう。

 

『旅の目的』が複数ある場合は、『優先順位』を決めておいた方が良いです。

予期せぬ事情で、現地で日程変更になった場合など、『最低限、これだけは譲れないよね』という共通認識がないと、その場で揉めることになります。

円満な旅のため、あらかじめ『優先順位』を決めておきましょう!

STEP2.予算を決める!

『誰と何がしたいか?』が決まれば、交通費や宿泊費、食費、その他経費(チケット代等)から概算で予算を決めましょう。

STEP3.目的地を決める!

『目的』と『予算』が決まれば、おのずと『目的地』が決まってきます。

目的によって旅の方角や季節が決まり、

予算によって海外 or 国内、近場かどうかが決まります。

行き先の候補を絞って行きましょう。

STEP4.交通手段を決める!

海外なら必然的に『飛行機』『船』に絞られます。

国内なら『飛行機』『新幹線・電車』『バス』『車』『自転車・徒歩』のどれかになると思います。




STEP5.日程を決める!

『目的地』が決まったら、関係各位とスケジュール調整をして『日程』を決めましょう。

長期連休の場合、交通費や宿泊費が高騰することが多々あるので、

可能ならピークの時期をずらすことをおすすめします。

STEP6.ツアー or 個人旅行を決める!

『予算』『目的地』『日程』が決まれば、

  • ツアーで行く
  • 個人で行く
  • 旅行代理店で宿や交通手段を個別に手配
  • 自分ですべて手配する

といった具体的な行程に入ります。

『行き方』は、この段階で決まることも多いでしょう。

STEP7.宿を決める!

ツアーでなければ、ご自身で『宿』を手配する必要があります。

予算や目的に応じて、最適な宿を探しましょう。

STEP8.現地下調べ&スケジュール作成!

ここまでで最低限の下準備は完了。

ここからは『より快適な旅にする』ための工程になります。

あとは『予算』『日程』に応じて、旅の『肉付け』をしていきます。

例えば、『南の島でダイビングをする』のが主な目的なら、それ以外の小さな目的を整理し、合間の移動時間を調べるなどして、詳細なスケジュールを立てていきます

観光ガイドブックやインターネットなどで、現地の観光スポットやグルメスポット、お土産など事前に調べておくと、無駄なく旅を過ごすことが出来ます。

このブログのように、体験談など調べておくのも一つです。

STEP9.必要なものを買い揃える!

『旅の準備』と『現地知識』を蓄えたら、あとは必要なものを買い揃える工程です。

旅慣れている方なら、不要なSTEPかもしれません。

  • スーツケース・旅行バッグ
  • 着替えや水着
  • 綺麗な思い出を残すためのカメラ
  • 携帯WIFI

などなど、『目的』や『行き先』、『日程』に応じた準備を行います。

海外に行く場合は、万が一のために『海外旅行保険』や『保険付きのクレジットカード』など用意しておくことをおすすめします。


STEP10.当日 旅立つ!

ここまで来ればもう準備万端。

『体調』を整え、『天気』が良いことを祈るばかり。

あとは旅行を満喫するだけ!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA