京都お花見観光!京都の遅咲き桜!仁和寺の御室桜と船岡温泉を巡る。

2017年桜巡りの旅の続きです。

今回は京都の仁和寺の御室桜と、

船岡温泉をご紹介します。

前回の記事では、

奈良の帯解寺と京都の醍醐寺をご紹介しています。

良かったら↓もどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

京都府京都市右京区 仁和寺

醍醐寺の後は仁和寺に向かいます。

2017年3月の桜巡りの計画段階で、

仁和寺の御室桜を観に行こう!と予定に組み込んでいたんです。

良かったら↓の記事をどうぞ。

伏見区の醍醐寺を出て、

右京区の仁和寺に向かったのが15:30頃。

仁和寺の受付は16:30までなので急いで向かいます。

左手に二王門が見えてきました。

醍醐寺~仁和寺までの距離は17kmほどなのですが、

道が渋滞していたりで、仁和寺に到着したのは16:24。

ギリギリの到着です。

駐車場代500円先払いです。

東門です。

真言宗御室派の総本山です。

仁和2年(886年)に光孝天皇によって建てられ始めたが翌年崩御。

後を引き継いだ宇多天皇に寄って、仁和4年(888年)に建立されました。

1100年以上の歴史あるお寺なのですが、

「人の世むなし」(1467年)でお馴染みの

応仁の乱のせいで伽藍は全焼。

本尊の阿弥陀三尊は辛くも焼失を免れ、

仁和寺が別の場所に移っていた時期もあったそう。

その後、徳川幕府の頃に再建されて、今に至ります。

通常は境内に入るだけだならお金掛かりませんが、

桜の季節だけ「伽藍特別入山」として大人500円かかります。

霊宝館とか御殿とかありますが、

このときは受付終了ぎりぎりの時間帯なので、

とにもかくにも御室桜を目指します。

仁和寺の鳥瞰図です。

広いですね~。

東門から御室桜がある中央左手の位置まで結構歩きます。

御朱印も時間的に間に合わず。。

中門です。

右手にはちらっと五重塔が見えます。

1645年に建立され、重要文化財に指定されています。

色あせ具合が歴史を感じます。

中門から二王門を見たところ。

中門をくぐってすぐ左手に御室桜がございます。

桜の間に通路が用意されていて、奥まで行くことが出来ます。

御室桜は遅咲きで、2~3mの背の低い桜で、

地面から枝分かれしています。(土を持って高くしているのもありますが)

粘土質の土壌で、土中の酸素や栄養分が少なく、

根を下に延ばすことが出来ないため、背が高くならないんだとか。

詳しいことは今も調査中とのことです。

葉の色はピンクというよりは、

ほぼ白いですね。

通路側の御室桜は満開でした。

御室桜林の真ん中あたりは5分咲きぐらいでしょうか。

いい感じに五重塔が見える位置です。

一番奥まで来ると、まだつぼみが多かったです。

このときは2017年の4月14日の夕暮れ時。

本当に遅咲きですね。

ちょっと上から見た御室桜たち。

奥に進みます。

色鮮やかな道を歩いて金堂に向かいます。

こちらが金堂です。

「金堂」とは本尊を安置する仏殿のこと。

「本堂」って呼ぶお寺の方が多いと思います。

旧皇居の紫宸殿を仁和寺に移設されて今に至ります。

金堂の左手には鐘楼があります。

周りには可愛らしい枝垂れ桜が咲いています。

鐘楼から更に西には御影堂があります。

御影堂では弘法大師 空海像が安置されています。

御影堂の後は、鐘楼、金堂の前を通り過ぎ、

東側をぐるっと回ります。

拝観終了ぎりぎりだったので、

人が少なくて雰囲気良かったです。

九所明神です。

その名の通り、九つの明神が祀られています。

ぐるっと回って五重塔のそばまで行きます。

各層のほぼ同じ大きさです。

五重塔を堪能。

もう拝観終わっちゃうので、急いで二王門に向かいます。

こちらが二王門。

高さ18.7mの巨大な門です。

もう門が閉まるところでした。

完全に閉まっちゃいました。

もっとじっくりみたいところでしたが時間切れ。

人もまばらな境内を眺めつつ駐車場に戻ります。

目的だった御室桜をたっぷり鑑賞出来て満足でした。

仁和寺に行くなら4月中旬が良いですね。

ただ今回は時間が無くて、霊宝館や御殿に行けなかったので

次回来るときは是非行ってみたいと思います。

京都府京都市右京区 仁和寺 情報

名称 仁和寺
電話番号 075-461-1155
住所 〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33
拝観時間 3月~11月 9:00~17:00(受付は16:30まで)
12月~2月 9:00~16:30(受付は16:00まで)
拝観料 ■御殿
大人 500円
高校生 500円
中学生 300円
小学生 300円

■霊宝館
大人 500円
高校生 300円
中学生 300円
小学生 無料

■桜開花時期のみ伽藍特別入山
大人 500円
高校生 500円
中学生 200円
小学生 200円いずれも団体30名以上で割引あり
障碍者手帳をお持ちの本人のみ無料

京都府京都市右京区 仁和寺 地図

京都府京都市中京区 亀屋良永

仁和寺の後は、亀屋良永に行って

お土産の御池煎餅を購入。

このブログでは3度目の登場です。

京都に来たら、ここでお土産を買ってます。

軽くてふわふわさくさくの美味しい煎餅です。

八つ橋ほど王道過ぎてないけど

京都っぽさもあるお土産なので喜ばれると思います。

京都府京都市中京区 亀屋良永 情報

名称 亀屋良永
電話番号 075-231-7850
住所 〒604-8243 京都府京都市 中京区寺町通御池下ル本能寺前町504
営業時間 8:00~18:00
日曜・第1、第3水曜が定休日

京都府京都市中京区 亀屋良永 地図

京都府京都市北区 船岡温泉

仁和寺の後は、お風呂入りに船岡温泉に向かいます。

このブログでも何度か登場している銭湯です。

登録有形文化財に指定された建物です。

サイケデリックならタイルの内装の脱衣場です。

マジョリカタイルっていうんだそうです。

透かし彫りの欄間を見ると、天狗や牛若丸がいたり、

見ていて飽きません。

温泉ではありませんが、ジェットバスがあったり

檜の露天風呂もあるし、サウナもあるし

銭湯として十分な施設が揃っています。

ちなみに、ここに来ると、外国人観光客が一人や二人は必ずいます。

異文化交流を楽しめますよ。

京都に滞在するときは必ず一度は立ち寄る銭湯です。

京都府京都市北区 船岡温泉 情報

名称 船岡温泉
電話番号 075-441-3735
住所 〒603-8225 京都府京都市北区紫野南舟岡町82−1
営業時間 月~土 15:00~25:00
日曜日 8:00~25:00
料金 大人 430円
中人 150円(小学生の児童)
小人 60円(未就学児・乳幼児)

京都府京都市北区 船岡温泉 地図

まとめ

仁和寺の御室桜と、お馴染みのお土産と銭湯をご紹介しました。

京都のお花見に間に合わなかった!ってときは

仁和寺に行ってみたら、まだ御室桜が咲いてるかもしれませんよ。

船岡温泉の後は、

滋賀県に移動して、三井寺の夜桜鑑賞に向かうのですが、

それはまた次の記事で。

ではまた。

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする