神奈川県

2018年一発目の旅!速報版① ~神奈川・福井~

あけましておめでとうございます。

 

年明け早々、

神奈川県は三浦半島の城ヶ島から旅はスタートし、

福井県、石川県、富山県、岐阜県、新潟県、長野県、群馬県と回ってきました。

 

2018年一発目の旅について速報版でご紹介します。

まずは神奈川県と福井県です。

ちなみに↓は岐阜県の白川郷です。

神奈川県

三浦市 城ヶ島灯台

2018年の初日の出を目当てに

三浦半島の城ヶ島に行ってきました。

 

毎年ではないですが、初日の出を見るときは城ヶ島に行くんです。

 

元旦の朝4時頃に城ヶ島に到着。

コインパーキングで軽く仮眠して、

日の出の時間が近づいて来たら城ヶ島公園の先にある灯台に向かいます。

普通の道路を通るのではなく、

身長より高い草むらを通って行きます。

古井戸があったりして、なかなか怖い道です。

素晴らしい初日の出でした。

2018年も良い年になるでしょう。

馬の背洞門です。

城ヶ島灯台ではなく、ここから初日の出を観る人もいます。

 

朝ごはんを食べに、しぶき亭さんに。

初日の出のあとは、いつもここで朝ごはんを食べてます。

マグロのカツ定食と悩みましたが、

三崎のマグロ丼 1000円にしました。

 

年末年始休暇が長めに取れたので、

北陸あたりに旅行に行こうかな~って漠然と考えてたんですけど、

具体的にどこに行くかは決めてなかったんです。

 

マグロ丼を食べながら、

そういえば福井県の三方五湖の夕陽が綺麗だって聞いたことがあるなって思い出す。

 

 

太平洋側で初日の出を、

そして日本海側で初日の入りを観るっていうアホな思い付きで行先を決定しました。

 

マグロ丼を食べ終わり、急いで福井県に向かいます。

元日の太陽と追いかけっこの始まり。

 

福井県

若狭町 三方五湖

神奈川県の城ヶ島をスタートし、

  • 横浜横須賀道路
  • 保土ヶ谷バイパス
  • 東名高速道路
  • 新東名高速道路
  • 名神高速道路
  • 北陸自動車道
  • 舞鶴若狭自動車道

を通って福井県まで突っ走ります。

 

 

しかし・・愛知県までは晴れてたんですけど、

岐阜県、滋賀県あたりで、明らかに天気が崩れ始めました。

これは滋賀県の賤ヶ岳のあたりです。

両側に雪が積もってます。

城ヶ島で朝ごはん食べ終わったのが朝8時頃で、

途中のPAで仮眠をとりつつ、福井県に到着したのは16時頃。

ぎりぎり日の入りに間に合ったのですが、どんよりした空模様・・・。

 

「三方五湖レインボーライン」という有料道路を通って、

梅丈岳という山を上り、山頂公園に向かいます。

若狭湾の景色です。

エメラルドグリーンって感じで、日本海らしくない色です。

三方五湖です。

山頂公園です。

既に閉まってて、だ~れもいませんでした。

営業時間ならリフトで山頂に上って、

360度に広がる若狭湾と三方五湖の景色が観られるんだそうです。

この分厚い雲の向こうに、夕日が沈んでいるはず。

 

太平洋側で初日の出を見て、

日本海側で初日の入りを見よう!という野望が砕かれた瞬間でございます。

またいつかチャレンジしてみよう。

 

山頂公園からの景色が観てみたいのと、

夕陽を目当てにまたいつか再訪しようと思います。

 

敦賀市 気比神宮

初詣は敦賀市の気比神宮に向かいました。

18時半頃なんですけど、人が全然いなかった。

雨降ってたからかな。

くじ引きは「吉」でした。

日本三大鳥居の1つとも言われる鳥居です。

 

あわら市 あわら温泉 あわらグランドホテル

新年一発目の温泉です。

向かったのはあわら市にあるあわら温泉です。

セントピアあわらという日帰り公共温泉を目当てに行ったのですが、

元日のせいか営業してなかったです。

すぐそばにあるあわらグランドホテルさんに電話したら

日帰り入浴やってるよ!って言ってくれたので徒歩で移動。

日帰り入浴 700円です。

建て増ししてるようで、

各館にお風呂がいくつもあるようなのですが、日帰り入浴出来るのは内湯だけ。

露天風呂がないのは寂しかったですが、良いお湯でした。

 

この日はこれで終了。

 

坂井市 丸岡城

寝起きで向かったのは丸岡城です。

現存する日本最古の天守閣です。

階段の急すぎて天井から下がったロープをつかんで上がりました。

規模は小さいですが、良い城でした。

永平寺町 永平寺

丸岡城の後は永平寺に向かいました。

曹洞宗の総本山です。

前から来たかったんです。

雪が積もってさらに荘厳な感じになっていました。

 

勝山市 福井県立恐竜博物館

永平寺の後に向かったのは

福井県立恐竜博物館です。

かなり雪深い場所にあります。

閉館1時間前に到着したので急いで回りました。

さすがの充実っぷりです。

2017年は横浜と千葉のでかい恐竜展に行ってます。

あわせて読みたい
横浜幕張観光!横浜恐竜展2017とギガ恐竜展2017と銀座梅林と。横浜みなとみらいのパシフィコ横浜で開催されていた 「横浜恐竜展2017~動く!ほえる!恐竜の森」 と、幕張メッセで開催されて...

 

福井の骨格標本も結構貸し出してたようです。

フクイラプトルのロボットです。

常に荒ぶってるのでまともに写真撮れません。

 

近くの越前大仏とか、越前大野城にも行きたかったですが時間切れ。

次は石川県に向かいます。

 

まとめ

新年一発目の旅の神奈川県と福井県の旅の様子を駆け足でご紹介しました。

次の記事では、石川県以降をご紹介します。

 

マイペースにブログ続けていくので、

今年もよろしくお願い致します!

ではまた。

■旅行計画の立て方

STEP1.旅行の目的を決める!

目的無く旅に出るのも良いですが、それは上級者向け。

はじめに『目的』を決めた方が旅のプランを立てやすいです。『絶景が観たい』

  • 『おいしいものが食べたい』
  • 『ディズニーランド(USJ)に行きたい』
  • 『とにかく一人旅がしたい』
  • 『親孝行で温泉に連れて行きたい』

といった感じで『誰と何がしたいか?』を最初に決めることから始めましょう。

 

『旅の目的』が複数ある場合は、『優先順位』を決めておいた方が良いです。

予期せぬ事情で、現地で日程変更になった場合など、『最低限、これだけは譲れないよね』という共通認識がないと、その場で揉めることになります。

円満な旅のため、あらかじめ『優先順位』を決めておきましょう!

STEP2.予算を決める!

『誰と何がしたいか?』が決まれば、交通費や宿泊費、食費、その他経費(チケット代等)から概算で予算を決めましょう。

STEP3.目的地を決める!

『目的』と『予算』が決まれば、おのずと『目的地』が決まってきます。

目的によって旅の方角や季節が決まり、

予算によって海外 or 国内、近場かどうかが決まります。

行き先の候補を絞って行きましょう。

STEP4.交通手段を決める!

海外なら必然的に『飛行機』『船』に絞られます。

国内なら『飛行機』『新幹線・電車』『バス』『車』『自転車・徒歩』のどれかになると思います。




STEP5.日程を決める!

『目的地』が決まったら、関係各位とスケジュール調整をして『日程』を決めましょう。

長期連休の場合、交通費や宿泊費が高騰することが多々あるので、

可能ならピークの時期をずらすことをおすすめします。

STEP6.ツアー or 個人旅行を決める!

『予算』『目的地』『日程』が決まれば、

  • ツアーで行く
  • 個人で行く
  • 旅行代理店で宿や交通手段を個別に手配
  • 自分ですべて手配する

といった具体的な行程に入ります。

『行き方』は、この段階で決まることも多いでしょう。

STEP7.宿を決める!

ツアーでなければ、ご自身で『宿』を手配する必要があります。

予算や目的に応じて、最適な宿を探しましょう。

STEP8.現地下調べ&スケジュール作成!

ここまでで最低限の下準備は完了。

ここからは『より快適な旅にする』ための工程になります。

あとは『予算』『日程』に応じて、旅の『肉付け』をしていきます。

例えば、『南の島でダイビングをする』のが主な目的なら、それ以外の小さな目的を整理し、合間の移動時間を調べるなどして、詳細なスケジュールを立てていきます

観光ガイドブックやインターネットなどで、現地の観光スポットやグルメスポット、お土産など事前に調べておくと、無駄なく旅を過ごすことが出来ます。

このブログのように、体験談など調べておくのも一つです。

STEP9.必要なものを買い揃える!

『旅の準備』と『現地知識』を蓄えたら、あとは必要なものを買い揃える工程です。

旅慣れている方なら、不要なSTEPかもしれません。

  • スーツケース・旅行バッグ
  • 着替えや水着
  • 綺麗な思い出を残すためのカメラ
  • 携帯WIFI

などなど、『目的』や『行き先』、『日程』に応じた準備を行います。

海外に行く場合は、万が一のために『海外旅行保険』や『保険付きのクレジットカード』など用意しておくことをおすすめします。


STEP10.当日 旅立つ!

ここまで来ればもう準備万端。

『体調』を整え、『天気』が良いことを祈るばかり。

あとは旅行を満喫するだけ!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA