東京観光!青島食堂と東京都美術館 ブリューゲル「バベルの塔」展

昨日、出掛けてきた内容をさくっと書こうかと。

秋葉原の青島食堂でラーメンを食い、上野の東京都美術館で開催されているブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

秋葉原 青島食堂

新潟県の五大ラーメンの一つ「長岡生姜醤油ラーメン」の名店「青島食堂」秋葉原店に行ってきました。

わたくし、青島食堂の生姜ラーメンが大好きで、新潟県長岡市近辺を通ったら必ず寄ってしまいます。

4月の桜巡りで新潟県上越市の高田公園の夜桜を観に行ったときは、上越市に青島食堂の店舗が無いことを知ってがっくりしたもんです。

その青島食堂のラーメンが都内で頂けるということで、昼過ぎに向かいました。

秋葉原駅から5分くらい歩いたところに青島食堂があります。

昼食時を過ぎていましたが、10人以上の行列が出来ていました。

行列並んでる最中に、メニューを決めておきましょう。

店内に入ったらすぐ券売機があります。

食券買ってからも、店の中に椅子があるので座って待ちます。

チャーシュー大盛りにしました。

外の行列から並び続けて、店内でも並びましたが、

それでも30分も掛からずに席に案内されました。

ネギ抜きにするのを忘れてましたが、ネギはそんなに入っていなかったので良かったです。

昨年末に新潟駅近くの青島食堂で食べて以来なので、

半年ぶりの青島ラーメンです。

新潟で食ったときの方が生姜がガツンと効いてた気がする。

一般受けしやすく生姜抑え目なのかな?

チャーシューは歯ごたえ柔らかく僕好みでした。

非常にハイレベルで美味しいラーメンですが、

個人的には新潟で食った時の方がもっと尖ってて美味かった気がする。

それでも新潟まで行かずに青島ラーメンを頂けるなんて、さすが大都会東京です。

全国の美味いものが集結しているのが東京のメリットの1つです。

行列必至の青島食堂ですが、新潟県まで往復するよりはずっと短い時間で済みます。

おススメのラーメンです。

新潟県長岡市の青島食堂 曲新町店に行ったときの様子をちょこっとだけご紹介。

新潟でも行列が出来ています。

駐車場は、店の前だけでなく、付近に何か所もあります。

このときもチャーシューメン頼んだようです。

これを食べたとき、すっごい美味くてハマってしまいました。

青島食堂が好きな方は、ぜひ本場新潟まで行って食べてみてください。

僕が新潟の青島食堂に行ったときの様子はまたいつかブログにアップします。(いつになるんだろ・・)

秋葉原 青島食堂 情報

名称 青島食堂 秋葉原店
食べログHP https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13094776/
電話番号 0258-37-0394
住所 〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3丁目20−1
営業時間 11:00~18:00 (スープ無くなり次第閉店)
火曜定休

秋葉原 青島食堂 地図

上野 東京都美術館 ブリューゲル「バベルの塔」展

青島食堂でラーメンを堪能した後は、

上野の東京都美術館に移動。

ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきました。

副題は16世紀ネーデルラントの至宝~ボスを超えて~です。

ご存知の方も多いと思いますが、「バベルの塔」は旧約聖書「創世記」に登場する巨大な塔のことです。かつて人類はすべて同じ言語を用いており、人々が世界に散らないように、天にも届く巨大な塔を建てていた。それを見た神が「こんな真似するのは皆が同じ言語を話すからだね」って怒り、言葉が通じないように異なる言語を話すように変えた。人々は混乱し、塔の建設をやめ、世界に散っていったんだそうな。

ブリューゲルの「バベルの塔」が24年振りに日本に来たってことで、めちゃくちゃ混んでました。

人の頭越しに絵を見るしかない状態です。

昔あった、「ウォーリーを探せ」を芸術に昇華させた感じと言えば良いでしょうか。

異形の生き物がたくさん描かれていて、

1枚の絵をじ~っくり見ることになります。

なので余計混みます。

下みたいなキャラが大勢描かれています。

これ、三浦健太郎さんの漫画「ベルセルク」の34巻に出てきましたね。

ブリューゲルではなく、ヒエロニムス・ボスの「樹木人間」です。

この人たちの頭の中はどうなってるんでしょう。

東京都美術館の企画展エリアは3階に分かれていて、

一番上のフロアはバベルの塔のみの展示エリアになっています。

フロアに入ってすぐ、壁一面に拡大印刷された巨大なバベルの塔に圧倒されます。

バベルの塔は、上野動物園のパンダを見るときみたいに、列に並んで絵の前を通り過ぎながら見ることになります。

列には何度でも並べます。

1枚の絵に、1400人もの人間が描かれているそうです。

展示されている絵画はびっしり人物が描かれているものが多いので、

オペラグラスを持って行った方が良いですよ。

企画展の入口にAKIRAの大友克洋さんがバベルの塔の内部を描いた作品が展示されています。

ブリューゲル 「バベルの塔」展は、

7月2日(日)まで開催です。

東京都美術館は企画展以外にも無料で観られるグループ展も開催されていました。

上野 東京都美術館 情報

名称 東京都美術館
公式HP http://www.tobikan.jp/exhibition/2017_babel.html
電話番号 03-3823-6921
住所 〒110-0007 東京都台東区上野公園8−36
営業時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
入場料 当日券
一般 1,600円
大学生・専門学校生 1,300円
高校生 800円
65歳以上 1,000円

上野 東京都美術館 地図

まとめ

青島食堂はこれから頻繁に行くことになりそうです。

「バベルの塔」展は混み過ぎててゆっくり観られなかったのが残念。

予定が合えば、期間内にもう一回行ってみたいと思いました。

もし行くなら平日狙いで、オペラグラスを持っていったが良いですよ。

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする