京都・滋賀観光!神社仏閣巡り速報版①~石山寺・伏見稲荷大社 宵宮祭・祇園~

2017年 伏見稲荷大社の本宮祭をお目当てに先週末、京都に行ってきました。

宵宮祭と本宮祭の二日間行ってきましたよ。

他にもあちこち神社仏閣巡りしてきましたので、ざっくりと速報版でご紹介します。

2016年の伏見稲荷大社のお祭りに行ったときの記事もありますよ。

ご興味ある方は↓をどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

滋賀県

大津市 石山寺

旅の初めは滋賀県大津市の石山寺からスタートしました。

寝不足だったため、新東名高速の静岡SAで爆睡してしまい、

滋賀県の石山寺に到着したのは昼頃でした。

749年ごろに開基された真言宗の寺院です。

紫式部が源氏物語を書いたところと伝えられています。

巨大な珪灰石があって国の天然記念物に指定されています。

石山寺の由来ともなった巨岩です。

近くに寄って写真撮るのを忘れました。

奥に見えるは多宝塔です。

数は少なかったですが、

蓮の花が咲いてました。

国宝の本堂です。

中は撮影禁止です。

真ん中の垂れ幕があるのが「源氏の間」です。

源氏の間には、紫式部の人形がいます。

実際に紫式部がここに滞在してたんですね。

奥にいる人形の表情が生きてるみたいで怖いくらいです。

御朱印も頂きました。

不謹慎ながら、うしろの紫式部が心霊写真のようです。

本堂から階段で上がっていくと

国宝の多宝塔があります。

鎌倉時代初頭に建造されたもので、

年代が明らかな多宝塔としては日本最古の木造多宝塔です。

それにしても土曜日の真昼間でこんなに観光客がいないとは驚きました。

八大龍王社という小さな祠がありました。

真夏の暑い日だったのに、石山寺の奥は涼しかったです。

境内は結構広いです。

1時間以上歩き回りました。

人に会ったのは多宝塔の所までで、そこから先は誰ともすれ違いませんでした。

まだ紫陽花が咲いてました。

涼しいからですね。

石山寺、とても良いお寺でした。

京都府

 京都市中京区 壬生温泉 はなの湯

石山寺を出て、京都に移動。

とりあえず風呂に入りたかったので、壬生温泉 はなの湯に行きました。

ここに来るのは3回目ぐらいかな?

普通のスーパー銭湯です。

コインパーキングに車停めるんですけど、入浴客は6時間無料です。

ここに停めて、観光してきて風呂入るってのもありかもです。

京都市伏見区 伏見稲荷大社 宵宮祭

壬生温泉を出て、伏見稲荷近くのコインパーキングに停めたら

突然の土砂降りに。

祭り中止になるんじゃないかと不安になりましたが、

30分ほどで止んでくれました。

一年振りの伏見稲荷大社です。

今年も本宮祭の前夜祭:宵宮祭に来ました!

一年前は御朱印集めてなかったので、今回初めて頂きました。

前から欲しかった狐のお面を入手。

2千円ぐらいしました。

今年もとても美しいです。

去年はカメラに慣れてなくて、ピンボケが多かったのですが、

一年間、全国あちこち旅行して写真取りまくったおかげでピンボケ写真が減りました。

今年は稲荷山の山頂を目指すことにしました。

稲荷山の御朱印も頂きました!

ここまでくると、人が一気に減ります。

一人ぽつんと階段上ってると不安になってきます。

ちょっとしたホラー映画な雰囲気です。

山頂に到着です。

山頂に来ると結構人がいました。

みんな反時計回りで登ってきてるのかも。

汗だくです。

伏見稲荷大社行ってから風呂入るべきでした。

前回、一ノ峰に登ったときは、確か反時計回りに登りました。

今回は、時計回りに登ったんですけど、時計回りの方が階段が急できつかった気がします。

夜に稲荷山の山頂目指すなんて無謀かと思いましたが、

昼間とは全然違う雰囲気を味わうことが出来るので行って良かったです。

お祭りの日ぐらいは夜に行ってみると良いかもです。

足元真っ暗なので、ライトを持って行った方が良いですよ。

四つ辻から見える京都の夜景です。

伏見稲荷のお祭りは毎年来ても良いくらいです。

22時過ぎに照明が消えるまで滞在してました。

京都市東山区 祇園 いさきち

遅い晩飯を食べに祇園に移動。

大泉洋や戸次重幸が出演している北海道ローカル番組「おにぎりあたためますか」で紹介されてた「いさきち」さんに行きました。

ちなみに、おにぎりあたためますかのDVDを買うくらい好きな番組です。

この隙間の道を突き進んでいくと「いさきち」があります。

一人鍋の専門店です。

おからです。

メニューでは「長いまま」って書かれてます。

ゆばなべにしました。

タレ付けて食べて、

湯葉が無くなったら、にがりを入れて湯豆腐で頂きます。

美味かったなぁ。

車だからウーロン茶を頼むのが申し訳なかったです。

この日はもう1軒行きたいところがあったので、ゆばなべ食って店を出ました。

隣の店に草間彌生のポスターが貼ってました。

いま京都でやってるんですね。

東京でやってた草間彌生展について記事書いたのでご興味あったら↓をどうぞ!

京都府 京都市東山区 祇園 どろや

こちらも「おにぎりあたためますか」で紹介してたお店「どろや」です。

お茶漬け専門店です。

「いさきち」と「どろや」のどっちに行こうか悩んだ末に、

少な目に食べてハシゴすれば良いじゃないかって結論に至った次第です。

いさきちから徒歩5分も掛からない場所にあります。

祇園に流れる川が綺麗でした。

本店は熊本県にあります。

「おにぎりあたためますか」で出ていた女将さんが出迎えてくれました。

おにぎり見て来たって客がたくさんいるんだそうです。

お茶漬けは3杯頼めば普通のお茶碗一杯分の量だって言ってました。

なのでお茶漬け3杯頂きました。

  • 塩昆布
  • ちりめん参照
  • 餃子

どれも美味かったです。

女将さんともう1人女性の方がいて、話しやすく居心地の良いお店でした。

京都来たらまた来たいと思うお店でした。

まとめ

京都滋賀の旅の初日の速報版でした。

石山寺は人がいなくて穴場なのかもしれません。

2年連続の伏見稲荷大社の宵宮祭、期待を裏切らない美しさでした。

「いさきち」さんも「どろや」さんもハイレベルでさすが祇園って思いました。

車だから酒飲めないからお金もそんなに掛かりませんし

二日目は南禅寺、建仁寺、妙心寺、京都水族館、伏見稲荷大社の本宮祭と巡ったのですが、速報版を次の記事でご紹介します。

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする