宮城県

2018年 南東北紅葉名所めぐり速報~鳴子峡・円通院・瑞巌寺・立石寺・南湖公園~

2018年の秋も深まり、紅葉の見ごろを迎えてます。

つい先日、宮城県をメインに、山形県・福島県と南東北3県を走り回ってきました。

今回の記事は、『旅日記』という感じの内容になってます。

南東北の紅葉スポットと、紅葉巡りの合間に立ち寄った温泉やグルメもご紹介します。

宮城県

私の住む神奈川県から宮城県鳴子峡に向けて車で出発したのが夜21時過ぎ。

400km以上の道のりです。

 

途中仮眠を取りつつ、ひたすら東北道を北上し、鳴子峡に到着したのが朝4時半頃。

フラフラしながら車を降りて、空を見上げるとすっごい星が綺麗だったことを覚えています。

明るくなるまで仮眠を取ります。

ここからは写真も合わせてご紹介しています。

宮城県大崎市 鳴子峡

駐車場に車が増えてきたのか、ドアを閉める音で目が覚めました。

外を見ると明るかったので、ふらふらしながら鳴子峡の紅葉を観に行く。

鳴子峡の紅葉

まだ日陰の『大深沢橋』です。

鳴子峡の紅葉

黄葉は散っているものが多かった気もしますが、それでも文句なしに美しかった。

鳴子峡の列車時刻

列車の通過時刻が掲示されてました。

鳴子峡に来たい人たちは、みんな紅葉と列車の写真が撮りたいんですね。

鳴子峡の紅葉

このトンネルを列車が通ります。

単線なので、時間によって進行方向が変わります。

大深沢橋に移動。

多くのカメラマンが陣取っていました。

鳴子峡の紅葉 鳴子峡の紅葉と列車

たまたま大深沢橋に行ったら、列車が来たので撮影。

タイミングが良かった。

大深沢遊歩道

橋を渡ると『大深沢遊歩道』という看板があったので歩いてみることに。

大深沢遊歩道

朝日がいい感じ。

大深沢遊歩道

比較的整備された道なので、普通の靴で問題ないです。

ヒールとかビーチサンダルとかはおすすめしません。

大深沢遊歩道

人も全然いないし、最高に気持ち良い散歩道でした。

大深沢遊歩道

この辺はまだまだ黄葉も残ってましたね。

ため息が出るほど綺麗。

大深沢遊歩道

熊さんの看板があって、ちょっと目が覚めました。

観光客が多い紅葉シーズンは大丈夫だと思いますが、クマよけの鈴は必須ですね。

大深沢遊歩道

周辺地図です。

左側の『大深沢遊歩道』は1km程度で、高低差も少なく20~30分程度の道のりでした。

大深沢遊歩道

この橋が上の地図でいうと『大深沢』に当たるところです。

ぐるっと回って鳴子峡レストハウスに戻ります。

朝7時50分頃の第二駐車場の様子です。

まだまだ余裕ありますが、続々と車が来てたのであっという間に埋まりました。

遅くても朝7時半には到着しておきたいですね。

鳴子峡の紅葉

朝8時頃には、だいぶ日が当たるようになってきました。

鳴子峡レストハウス

これが鳴子峡レストハウスです。

きのこ汁など軽食が提供されてました。

鳴子峡遊歩道

朝になれば鳴子峡を降りる遊歩道が開放されます。

鳴子峡遊歩道 鳴子峡遊歩道

斜め下から見る『大深沢橋』

鳴子峡遊歩道

結構急な階段なので、お年寄りは大変そうでした。

ヒールは命取りです。歩きやすい靴で行きましょう。

鳴子峡遊歩道

ここが折り返し地点です。

この先にも遊歩道は続いていたのですが、落石のため通行止めになってました。

鳴子峡遊歩道

真下から見る『大深沢橋』です。

それにしても快晴です。

眠かったので車に戻って2時間ほど寝ました。

鳴子峡遊歩道

朝10時過ぎの様子。

鳴子峡の紅葉と列車

列車が来る時間だったので、20分ぐらい待ち構えて写真撮影。

朝10時過ぎると『大深沢橋』の上は大混雑してました。

早めに行って場所確保した方が良いですよ。

列車はすんごいゆっくり走ってくれるので焦らなくても写真撮れます。

人が歩くぐらいのスピードでトンネルに入っていきました。

これをもって『鳴子峡』は十二分に満喫出来たと思ったので、次の目的地『鳴子温泉』に移動します。

11時頃に鳴子峡レストハウスを出発するころには駐車場は満杯で、道路も大渋滞してました。

鳴子峡に行くなら早朝に限ります。

出遅れるとすべての予定が狂います。

私のように夜のうちに到着して、現地で寝れば良いのです。

身体をいたわってはいけません。

宮城県大崎市鳴子温泉郷 鳴子ホテル

鳴子温泉に来るのは2回目。

前回は『滝の湯』に入湯しました。

鳴子温泉郷 鳴子ホテル

今回は『鳴子ホテル』で日帰り入浴してきました。

鳴子ホテルのこけし

館内のあちこちにこけしがありました。

さすが鳴子。

周辺道路沿いにもこけしがいっぱいありましたよ。

鳴子ホテルのこけし

ちびまる子ちゃん的なこけし。

わたしが行った時間帯は『芭蕉の湯』が男湯で、『玉の湯』が女湯でした。

『青竹色』と表現されり緑色のお湯で若干の硫黄臭がありましたね。

露天風呂があるのですが、壁に囲われているのがちょっと残念。

紅葉した山々が観えれば良いのですが。

 

良いお湯で体力が回復した気がしました。

温泉出たあとは敷地内にある温泉神社に参拝。

『ゆのかみのやしろ』と読むのだそうです。

ここにもこけしが。

時間に余裕があれば、鳴子温泉郷の温泉を5,6か所ハシゴしたかったのですが、

我慢して次の目的地『松島』へ向かいます。

宮城県松島町 五大堂

鳴子温泉から2時間程かけて松島に到着。

駐車場がどこもいっぱいで停めるのに苦労しました。

今回、松島に来た最大の目的は『円通院』の紅葉ライトアップなのですが、みんな同じなのかやたらと混んでました。

 

まず向かったのが『五大堂』です。

透かし橋を渡ります。

五大堂でございます。

五大堂から見た陸奥の松島

日本三景の『陸奥の松島』でございます。

松島に来るのは2年振り2度目で、前回は東松島市の大高森から見ました。

『松島四大観』の1つ『大高森』の『壮観』です。

 

本ブログでは、『陸奥の松島』以外の日本三景も紹介しています。

良かったら合わせてご覧になってください。

京都 丹後の天橋立

【京都 天橋立】ビューランドと傘松公園からまたのぞき!アクセス・名物グルメ・日帰り温泉情報も!『日本三景 天橋立』について、写真たっぷりで見どころをご紹介します。 『天橋立』の両岸には、『飛龍観』『昇龍観』という絶景を堪能で...

広島 安芸の宮島

広島観光!安芸の宮島・厳島神社に初参拝。「ふじたや」であなごめしを喰らう2016年GWの旅の続きです。 広島は安芸の宮島・厳島神社に初参拝し、 「ふじたや」さんで頂いたあなごめしをご紹介します。...

宮城県松島町 瑞巌寺

五大堂の後は、国宝の庫裏・本堂がある『瑞巌寺』に行きました。

瑞巌寺 庫裏

庫裏です。

瑞巌寺の本堂

本堂でございます。

ちらっと見えてますが、中には見事な襖絵があります。

夜には境内の洞窟遺跡群がライトアップされていました。

傘のライトアップが可愛らしかった。

宮城県松島町 洗心庵

松島といえば『牡蠣』を食わねば・・ということで瑞巌寺すぐそばの『洗心庵』で食事をすることにしました。

牡蠣丼を頂きました。美味かったぁ。

初めてのずんだ餅。

もっと枝豆って感じなのかと思ったら、絶妙に甘くて美味でした。

宮城県松島町 松島ライトアップクルーズ

円通院のライトアップまで時間があったので、観光船に乗って夜の松嶋を観てきました。

松嶋ライトアップクルーズ

観光船に設置された緑のライトが松島を照らします。

松嶋ライトアップクルーズ

40分程のクルーズでした。

松嶋ライトアップクルーズ

海から見る『五大堂』です。

クルーズ代は大人1,000円だったかな。

案外良かったですよ。

宮城県松島町 福浦橋

松嶋 福浦橋

夜の『福浦橋』です。

橋の先には『福浦島』があります。

有料で大人200円、子供100円で渡れます。

松嶋 福浦橋

夜はゲートが開放されていて、無料で福浦島に渡ることが出来ました。

島に街灯は無く、暗くて足元見えないのでご注意を。

宮城県松島町 円通院

松嶋クルーズを終えて、19時前に『円通院』に向かったところ、

入場待ちの長蛇の行列が出来ていました。

円通院の紅葉ライトアップ

30分程、並んで入場。

あ、入場券は事前に購入しておくことをおススメします。

『洗心庵』や瑞巌寺の入口でもチケット販売しています。

円通院の紅葉ライトアップ

『円通院』に入ってすぐるの石庭『雲外天地の庭』

円通院の紅葉ライトアップ

紫のライトをバックに『三慧殿』です。

円通院の紅葉ライトアップ

毒々しいライトアップが素敵です。

円通院の紅葉ライトアップ

『円通院』最大の見どころ『遠州の庭』の『心字の池』です。

円通院の紅葉ライトアップ

ここまで完全な鏡になった池を観たのは初めてかも。

樹皮の模様がはっきり分かるぐらい。

吸い込まれそうな恐怖さえ感じるほどでした。

これは必見です。

宮城県仙台市青葉区 牛タン料理 雅

『円通院』を出た後は、仙台市に移動して遅い夕食を。

『牛たん料理 雅』さんへ。

仙台来たら牛タン食わないと。

たん焼き定食 1,700円です。

美味かった・・・。

 

この日はこれで終了。

山形県の蔵王方面に進んで、途中のPAで車中泊。

眠気の限界でした。

宮城県仙台市太白区 秋保大滝

ここから2日目。

朝イチは山形県の『立石寺』に行ったのですが、それはあとに回して、

引き続き、宮城のスポットをご紹介。

『立石寺』の後、再び宮城に戻って『秋保大滝』に行きました。

秋保大滝の紅葉

10時半過ぎに到着したところ、駐車場は満車で停めるのに苦労しました。

『秋保大滝』の紅葉もいい感じでした。

秋保大滝の紅葉

滝つぼに向かう道中。

素晴らしい景色。

鳴子峡のような光景です。

秋保大滝の紅葉

『秋保大滝』を間近に見ます。

『秋保大滝』に来るのは2度目で、前回は大雨の後だったのか荒ぶった状態で、水しぶきでびしょびしょになったのですが、今回は落ち着いててゆっくり観れました。

ちなみに荒ぶった『秋保大滝』はこんな感じ。

この時は観光客はわたし1人だけでした。

『秋保大滝不動尊』の隣にある銀杏も綺麗な黄色に染まってました。

11時半過ぎに次の目的に向かったのですが、そのころには道路渋滞もひどくなっていました。

午前中の早いうちに来た方が良いですね。

宮城県蔵王町 遠刈田温泉 壽の湯

 

遠刈田温泉の共同浴場『壽の湯』に入浴。

良い湯でした。

わたしが行ったときは43℃程度でしたが、朝と夜は44~45℃ぐらいになるそうです。

遠刈田温泉を超えて『御釜』に行こうかと思ったのですが、積雪のため通行止めだったので断念。

宮城県七ヶ宿町 滑津大滝

遠刈田温泉の後は、好きな滝の1つ『滑津大滝』に行きました。

『滑津大滝』に行く途中、あまりに綺麗な銀杏があったので思わず車を停めました。

まじかよ!ってぐらい見事なコントラスト。

滑津大滝の紅葉

これが『滑津大滝』

前回は春に来たのですが、雪解け水で右側の階段も滝の一部になってたんですよ。

滑津大滝の紅葉

階段まで行けなくなってて残念・・。

春に来たときはこんな感じでした。

また来よう。

宮城県白石市 材木岩

材木岩公園の紅葉

福島県に向かう途中に立ち寄ったのが『材木岩公園』です。

天然記念物の柱状節理が見事です。

材木岩公園の紅葉

紅葉目当てで立ち寄ったわけではなかったのですが、予想外に見事な景観でした。

何気なく立ち寄った『材木岩公園』は人も多くなく、静かな公園で良かったすよ。

山形県

山形県山形市 宝珠山 立石寺

ちょっと順番入れ替わってしまいましたが、2日目の朝イチに向かったのが、『山寺』こと『立石寺』です。

朝6時半頃の山形市は霧に包まれていました。

山寺 立石寺の紅葉

こちらが本堂。御朱印もこちらで頂けます。

松尾芭蕉像です。

ここが奥の院への入山口。

朝7時台でも普通に受付してました。

神々しい朝。

『せみ塚』の紅葉も良い感じ。

山々も紅葉しています。

『五大堂』からの景色はまさに絶景です。

眼下には雲海が発生してました。

いままで雲海に縁が無かったので嬉しかったなぁ。

山寺といえば、『納経堂』の風景です。

紅葉と納経堂。

『納経堂』反対側の景色。

見頃でした。

こちらが『奥の院』

後ろの山も綺麗に紅葉してました。

良い時期に来れました。

 

このあと、宮城県に戻って前述の『秋保大滝』に行ったんです。

福島県

福島県白河市 いげたや

この日の晩御飯は白河ラーメンの『いげたや』さんです。

手打の中太縮れ麺です。

あっさり美味しいラーメンでした。

福島県白河市 南湖公園 翠楽苑

順番が入れ替わってしまいましたが、宮城の『材木岩公園』の後に向かったのが

福島県の『南湖公園』の『翠楽苑』のライトアップです。

『南湖公園』に着いたのはすっかり夜で、湖の様子は何も分からず。

『翠楽苑』のライトアップ最終日でした。

松嶋の『円通院』や京都の並み居る紅葉名所から見れば控えめではありますが、美しい庭園でした。

なんといっても人が全然いないのが良かったですよ。

今回の南東北の紅葉巡りは『南湖公園』で終了。

また数時間かけて神奈川に戻りました。

まとめ

南東北の紅葉スポットや温泉・グルメなどご紹介しました。

前から行きたかった鳴子峡をたっぷり堪能できたので満足な旅でした。

秋は家にいる暇がないですね。

これからもあちこち紅葉巡りするつもりなので、随時情報アップしていくつもりです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA