福岡観光!博多の中洲の夜景と博多ラーメン 「一幸舎」と「一双」をハシゴしちゃった。

2016年ゴールデンウィークに西日本を巡った旅の続きです。

今回は福岡県に博多ラーメンを食べに行き、

中洲の夜景をご紹介します。

前回の記事では

山口県の秋吉台、秋芳洞を紹介しているので

良かったら↓もどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

福岡県福岡市博多区 中州

山口県下関市の壇ノ浦PAを出発し、

関門橋を渡ります。

1分足らずで九州入りです。

想定外だったのは、

壇ノ浦PAから博多まで100km近くあるってことです。

翌朝、広島の宮島に行くつもりだったので、

九州の中だけで往復200kmは時間的にかなり致命的です。

1時間以上走って博多に到着。

ついに博多まで来ちゃったなぁって感じです。

夕暮れ時の中州、といっても19時過ぎですが。

さすがに九州まで来ると日没が遅いです。

日が暮れるまで付近を散歩します。

日も暮れてきて、ラーメン屋の屋台に灯りが輝き始めます。

こいつはテレビで見たことある光景だ!っと興奮気味になります。

ゴールデンウィーク最中ってのもあるかもしれませんが、

活気あふれて、どこも混みあってました。

むしろ活気があり過ぎなぐらいでしたね。

屋台が立ち並ぶ通りを何度も行ったり来たりしたのですが、

屋台が多過ぎてどこに入って良いのか分からず。

屋台に入った経験が無いわたくしにはハードルが高かった・・。

引っ込み思案なところがあるので、シラフじゃ屋台は入りにくいなぁ。。

歩き回ってるうちに夜景が見やすい橋に差し掛かりました。

当時は橋の名前を知らないまま過ぎてしまいましたが、

位置関係的にたぶん「福博であい橋」(ふくはくであいばし)だと思われます。

那珂川をはさんで、

商人の町「博多」と

武士の町 城下町「福岡」が出会う場所 ということで

「福博であい橋」と名付けられたんだそうです。

大阪 道頓堀の「ひっかけ橋」的な下世話な由来かと思ったら違いました。

両岸のネオンが那珂川に映り込んで綺麗です。

ガンガン音楽を掛けながら電飾キラキラした船が走り去っていきます。

つい数時間前まで、鍾乳洞やカルスト地形を見て感動していた人間からすると

もう別世界だなぁって感じでした。

福岡県福岡市博多区 中州 地図

福岡県福岡市博多区 博多一幸舎 中州店

屋台の活気に飲まれてしまった引っ込み思案なわたくしは

ネットで調べて、美味いと評判の店舗型のお店に向かいます。

向かったのは「博多一幸舎 中州店」です。

行列も無くすんなり入れました。

味玉ラーメン 800円です。

初めての本場博多ラーメンです。

美味かったです。

ネギ嫌いですが、この手の青ネギなら食べられるんです。

替え玉したかったですが、

もう一軒回ろうと考えていたので我慢です。

福岡県福岡市博多区 博多一幸舎 中州店 情報

名称 博多一幸舎 中州店
食べログHP https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40003296/
電話番号 092-262-8399
住所 〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲1丁目4−17
営業時間 月~木 19:00~翌4:00
金曜 19:00~翌5:00
土曜 11:30~翌5:00
日曜 11:30~翌1:00
無休

福岡県福岡市博多区 博多一幸舎 中州店 地図

福岡県福岡市博多区 博多一双 博多駅東本店

一幸舎で替え玉を我慢して次の店に向かいます。

2017年に道路陥没したのはこの辺でしょうかね?

2軒目は「博多一双 博多駅東本店」さんです。

一双に行ったのはこのときが初めて。

去年の夏にも行ったのですが、

そのときも行列が出来てました。

2017年訪問時の記事は↓をどうぞ。

回転早くて15分ぐらいで入店出来ました。

チャーシューメン750円です。

一幸舎よりもコスパ良いですな。

泡泡の豚骨ラーメンで、

衝撃的に美味しかった記憶があります。

完食でございます。

山口県美祢市 秋吉台の若竹山でふと博多ラーメンが食いたくなって

結果的に往復200kmほど走ることになりましたが、

博多まで来た甲斐がありました。

福岡県福岡市博多区 博多一双 博多駅東本店 情報

名称 博多一双 博多駅東本店
食べログHP https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40032701/
電話番号 092-472-7739
住所 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東3丁目1−6
営業時間 11:00~24:00
不定休

福岡県福岡市博多区 博多一双 博多駅東本店 地図

福岡県北九州市 めかりPA(上り)

博多ラーメンを2軒ハシゴした後は、

翌朝 広島県の宮島に行くため、廿日市市に向かいます。

博多の駐車場にて、宮島までの道のりをナビで調べたところ、

距離は270km弱、所要時間は4時間弱と出ました。

博多一双を出た時点で、すでに23時近くだったんで、

順調に行っても深夜3時過ぎに到着予定です。

この日は、朝早くから角島大橋を観光してたので、

すでに疲労困憊。

体持たないかもなって思いつつ走り出します。

ちなみに角島大橋の記事は↓です。良かったらどうぞ。

博多を出て1時間ちょい走り、

九州の玄関口「めかりPA」で一息入れます。

関門橋を反対側から眺めます。

対岸は山口県下関市です。

深夜のパーキングエリア独特の雰囲気があります。

歩いてる人たちもどことなく疲れてる感じ。

関門橋を渡って、再びの本州です。

めかりPAを出ると、廿日市市まであと190kmほど。

真夜中の山陽自動車道を突っ走ります。

福岡県北九州市 めかりPA(上り) 情報

名称 めかりPA(上り)
公式HP https://w-holdings.co.jp/sapa/2652.html
住所 〒801-0855 福岡県北九州市門司区門司3491

福岡県北九州市 めかりPA(上り) 地図

まとめ

博多ラーメンと中州の夜景をご紹介しました。

一幸舎さんは都内や関西、札幌にも店舗が出てるし、

海外にも数多く店舗展開しているそうです。

近くで食べられるのは嬉しいですが、

フランチャイズで多店舗展開されちゃうと、

本場博多に行ってまで食べたいって思わなくなっちゃいますね。

あくまで個人的にですが、有難みが減っちゃう。

一双さんは博多だけです。

2017年夏に2度目の訪問したときは

それほど感動しませんでしたが、

また博多に行ったら寄りたいと考えています。

あとは、屋台にふらっと入れるような男になりたいです。

屋台の美味しいラーメンにもトライしたい。

次回の舞台は広島県です。

ではまた。

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする