群馬観光!永井食堂で美味しいモツ煮を実食!草津温泉 西の河原露天風呂に行く

先日、ひざが痛くて階段の昇り降りが出来なくなっちゃいました。

歩くのはなんとか大丈夫だったので、

片足引きずりながら、

茨城県のひたち海浜公園にコキアの紅葉を観に行ったり、

大洗の水族館に行ってたんです。

そのときの記事はこちら↓

湿布を貼ったり、テーピングしたりして

ごまかしてたんですが、

あんまり痛いんで整形外科に行きました。

大昔、ひざの靭帯を傷めたことがあって

その古傷が原因なのか、

ひざに水が溜まってると言われちまい、

ひざに注射をぶっ刺して、水を抜いてもらうことになりました。

注射いたかったぁ・・・

水を抜いたおかげで、だいぶ楽になったんですけど、

まだまだ階段を昇り降りできるまでには回復せず。

かといって、家で大人しくしてるのも楽しくないし、

ここはもう、ひざを癒すために、

湯治の旅に出るしかない!

という判断のもと、群馬県と長野県に向かいました。

2016年ゴールデンウィークの旅の途中ではありますが、

群馬・長野を巡った一泊二日の小旅行をご紹介します。

良かったら↓もどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

群馬県渋川市 永井食堂

ある日の夕方に群馬県に到着。

お腹が空いていたので

まず晩御飯を食べることにしました。

向かったのは渋川市にある

永井食堂です。

もつ煮が美味いと評判の食堂です。

三国街道沿いにあります。

持ち帰り用のもつ煮を求めて行列が出来ていましたが、

店内で食べる方は、並ばずに入店出来ました。

休日は1時間待ちが当たり前らしいので

すんなり入れてラッキーでした。

店内のメニューです。

もつ煮定食590円、大盛りで770円です。

空腹だったので大盛りにしました。

ラーメン320円って安いですねー。

どのメニューもお手頃なお値段です。

注文してから、あっという間に

もつ煮定食(大)が到着です。

もつ煮の量が、想像以上に多かったです。

ご飯もたっぷりです。

薬味のネギと、沢庵とみそ汁がついてます。

もつ煮のアップです。

こんにゃくにピントが合ってます。

ニンニクが効いた、濃いめの味付けで、

どんどんご飯がすすみます。

こりゃ美味いです。

モツがプルンプルンでした。

ご飯が多くて食いきれるか心配でしたが、

モツが美味くて完食できました。

行列が出来るのも納得の美味しいもつ煮でした。

持ち帰り用のモツも購入しました。

「もつっ子」です。

3人前で1袋1070円です。

3個以上ならインターネットで通販出来るんですって。

要冷蔵です。

旅の序盤で「要冷蔵」のお土産を買って良いものか?と少し悩みましたが、

近頃寒くなってきたし、大丈夫だろうと判断しました。

旅を終えて自宅で食べましたが実際大丈夫でした。

美味しいですよ。

また来たい名店でした。

群馬県渋川市 永井食堂 情報

名称 永井食堂
食べログHP https://tabelog.com/gunma/A1004/A100401/10000040/
電話番号 0279-53-2338
住所 〒377-0201 群馬県渋川市上白井4477−1
営業時間 平日 : 9:00~18:00
土曜日: 9:00~15:00
日曜祭日は定休日

群馬県渋川市 永井食堂 地図

群馬県草津町 西の河原露天風呂

永井食堂で腹いっぱいになった後は、

草津温泉に向かいます。

車で1時間半ほど走ります。

湯畑観光駐車場に車を停めました。

2時間で500円で、以降は30分ごとに100円です。

いつもここに車停めてます。

草津温泉には夜か早朝しか来ないので、

毎回、すんなり停められてるけど

日中は混雑してるそうです。

草津の湯畑にはここから徒歩3分ぐらいです。

湯畑に向かいます。

何度も通った道ですが、いつもワクワクしながら歩いてます。

何故か太鼓の達人のキャラクターが広場に並んでました。

御座の湯です。

今回はここは立ち寄らなかったです。

湯畑の湯気を見ると、テンション上がります。

夏の暑い日だったらこの湯気が見えないんでしょうね~。

源泉・湯畑の湧きたての温泉が

木樋(もくひ)と呼ばれる木の道を通って

外気にさらして湯温を冷ましています。

温泉好きには堪らない光景です。

時間もあるので湯畑の見学を早々に切り上げ

西の河原露天風呂に向かいます。

「にしのかわら」じゃないですよ。

「さいのかわら」と読みます。

湯畑から徒歩10分ぐらいです。

7:00~20:00までです。

湯畑と西の河原との位置関係です。

西の河原露天風呂は、西の河原公園の中にあります。

どんどん進みます。

どんどん進むと河原が見えてきます。

川沿いの進みます。

西の河原公園のMAPです。

草津温泉の西側に位置することから、

この名前が付いたそうです。

河原一帯で、毎分14000リットルの温泉が湧きだし、

それが湯の川になっています。

行って初めて知りましたが、

ライトアップされてて綺麗でしたよ。

あちこちから湯気が上がっています。

徒歩2分で西の河原露天風呂があります。

草津の稲荷神社もありました。

階段上ろうかと思ったけど、

いかんせん膝が痛くて断念・・。

草津は標高が高いので紅葉はほとんど終わってましたが、

対岸にいい感じの紅葉がライトアップされてました。

綺麗なんですけど、人がいないのと、

岩だらけの風景にちょっと怖い感じでした。

露天風呂に到着です。

露天風呂の受付です。

料金表です。

ここを上がれば、男湯です。

中の写真はないですが、

とっても広い露天風呂です。

広いので露天風呂の中でも温度差がかなりあるので、

自分の心地よい温度を探して移動します。

温泉の注ぎ口近くはかなり熱いですが、

離れていれば、温いぐらいなので

ずっと入っていられます。

ここは洗い場がないので、

のんびり温泉につかるのみです。

酸性泉なので石鹸やシャンプーは無用です。

30分ぐらいでしょうか。

広い露天風呂をあちこち移動しながら

のんびり温泉に入りました。

露天風呂から上がり、

外に出て、再び湯畑に向かおうかというところで

ドォーーーン!!

という爆発音がしました。

びっくりして身をかがめて周りを確認したところ

花火があがってました。

不意打ちの花火は心臓に悪いです。

テロかと思いました。

100発ほど花火が上がりました。

季節外れの花火も良いものです。

再び西の河原を歩いて戻ります。

良い雰囲気です。

行きは気付きませんでしたが、

足湯もあるんですね。

帰りは西の河原の中を突き進んで帰りました。

間近で見ると結構な湯気です。

湯の川は激熱なのかと思って手を突っ込んでみたけど、

温いぐらいでした。

ただ、場所によっては激熱なポイントもあると思うので、

気を付けてください。

西の河原公園でした。

再び、湯畑に戻ります。

草津温泉巡りは続きます。

群馬県草津町 西の河原露天風呂 情報

名称 草津温泉 西の河原露天風呂
公式HP http://sainokawara.com/
電話番号 0279-88-6167
住所 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津521−3
営業時間 4/1~11/30 7:00~20:00(最終入館は19:30まで)
12/1~3/31 9:00~20:00(最終入館は19:30まで)
料金 大人(中学生以上)600円
小人(3歳~小学生)300円
障がい者割引:通常料金の半額
泉質 酸性-硫酸塩・塩化物温泉

群馬県草津町 西の河原露天風呂 地図

まとめ

ヒザ療養のために

ひたすら温泉を巡る旅です。

西の河原公園は夜は怪しいというか

なかなか神秘的で良かったです。

西の河原露天風呂のあとも

草津温泉の共同浴場巡りをしていきます。

それはまた別の記事で。

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする