茨城観光!荒波のアクアワールド大洗!最後は宮田さんでアンコウ鍋を堪能!

先日、茨城県に行ったときの話です。

前回の記事では、ひたち海浜公園に行き、

コキアの紅葉をご紹介しました。

今回はその続きで、

アクアワールド大洗に行き、

潮騒の湯で風呂に入り、

味ごよみ宮田でアンコウ鍋を頂いたところまでをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

茨城県大洗町 アクアワールド茨城県大洗水族館

ひたち海浜公園でコキアを見た後、

車に戻り、次はどこに行こうか悩んでました。

ちなみに、コキアの紅葉はこんな感じ↓

行って初めて知りましたけど、

コキアはムックに似てます。

雨が強くなってきたので、

次は屋内が良いなって思いつつ

ネットで調べてたら、

近くに水族館を発見。

ひたち海浜公園から車で20分ほど走ったところに

アクアワールド・大洗があるので向かいました。

入口には亀がお出迎え。

雨の日は水族館が混みますね。

人がいっぱいでした。

でも広い水族館なので、そんなに混んでるした感じはしません。

中はすっかりハロウィンな装いでした。

入場券売り場の横には

ちっちゃいクマノミのハロウィンバージョンの水槽が展示されています。

まぁまぁ良い値段します

土曜日はこども割引があるんですね。

イルカたちが悠然と泳いでいます。

青い光は落ち着きます。

園内マップです。

15:00からのアクアウォッチングを見ました。

飼育員のダイバーがでかい水槽の中を泳ぎつつ解説してくれます。

右側のスクリーンにこれから潜る飼育員さんが映っています。

水中カメラで撮影しながら泳ぐので、

ダイバーさんの目線の映像がスクリーンに映し出されます。

右上にはイワシの群れがいます。

撮影しながらこの群れに突っ込んだりします。

最後は凄い泡に包まれて終了です。

炭酸泉みたいだなって思いました。

ちなみにこの日の夜、炭酸泉に入ります。

クラゲはずっと見てても飽きないです。

生きてるダイオウグソクムシもいました。

先日、上野の国立科学博物館で開催されていた「深海2017」展でダイオウグソクムシの標本を見て来たばかりでした。

アクアワールド・大洗にはサメがいっぱいいます。

マンボウもいっぱいいます。

マンボウを真正面から見るとこんな感じです。

千葉の鴨川シーワールドのマンボウの水槽と同じく

マンボウがガラスに激突しないように透明なシートが周囲に貼られています。

激突するとすぐに死んじゃう弱い魚なんです。

鴨川シーワールドは2014年以来行ってないです。

久しぶりに行ってみたいな。

この日のラスト16:00開始のイルカショーを見ました。

15:30~入場できるので10分前ぐらいから並んで、

余裕で入れました。

この日は雨だったので、結構混んでて満席でした。

満席になると入場制限されるので要注意です。

早めに並びましょう。

イルカショーは通常は10:00、12:00、14:00、16:00に開催されます。

時期によっては1日5回開催されるときもあるので

事前にタイムスケジュールを調べておいた方が良いです。

イルカショーの会場です。

開園15分前ぐらいから、レジャーシートの販売が始まります。

前列に座る人は、買っておいて損はないです。

まずはアシカショーからスタートです。

目の前でやってくれるので良いですね。

アシカとオキゴンドウかな?

比較的体の大きなイルカです。

おもちゃをくわえたアシカが

イルカの上に乗ってプールを一周します!

人間がイルカの上に乗るのは見たことあるけど、

アシカが上に乗るのは初めて見ました!

すげーって感動しました。

後半はイルカのダイナミックなジャンプを楽しむことが出来ます。

他の水族館と違う点は、

前列の人たちに全力で水をぶっかけるところでしょうか。

プールの観客寄りのところで着水するようにジャンプしてくれます。

体の大きなオキゴンドウがこんな縁で着水すると

以下のような感じになります↓

前列の人たちは、

会場内で販売されているピンク色のレジャーシートで水を防ぎます。

この水量だとびしょ濡れでしょうね。

尾びれでバンバン水をぶっかけてます。

この日は、右側の人たちはレジャーシートを

購入してる人が少なったようですが、

全然お構いなしでした。

開園前にかなりしつこくレジャーシートを販売してる理由が分かりました。

前に座るってことは濡れたいんですよね?というスタンスのショーです。

濡れたくなければ、

後ろに座るか、

レジャーシートを買ってくださいってことです。

潔くて気持ちが良いですね。

素晴らしいショーでした。

ショーが終わった後、外に出てみたら雨が弱まっていました。

ペンギンとかカピバラがいます。

カピバラさんです。

台風中継っぽい感じでした。

実際台風21号が目の前まで来てましたが。

アクアワールドでは早い時間帯に行けば、

バックヤードの見学ツアーもありますよ。

閉館ぎりぎりまでいたのですが

気付いたら誰もいなくなってました。

天井には標本が飾られています。

うばざめです。

満足度の高い水族館でした。

良いイルカショーがあると印象違いますね。

大洗の海岸はすっかり波で泡立ってました。

アクアワールド大洗でした。

茨城県大洗町 アクアワールド茨城県大洗水族館 情報

名称 アクアワールド茨城県大洗水族館
公式HP http://www.aquaworld-oarai.com/
電話番号 029-267-5151
住所 〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252−3
営業時間 9:00~17:00(最終入館16:00)
料金 大人1850円
小中学生930円 土曜日は460円(※)
幼児310円 土曜日は150円(※)
2歳以下は無料
※春休み・夏休み・冬休み期間中の土曜日は割引対象外

茨城県大洗町 アクアワールド茨城県大洗水族館 地図

茨城県大洗町 潮騒の湯

旅に出たら、1回はその土地の温泉に入りたいと考えています。

いかんせん、茨城県は温泉があまりないので探すのにてこずりました。

アクアワールドからほど近くに「潮騒の湯」という施設があったので立ち寄りました。

ここは非火山系の化石海水型の温泉です。

大昔、地殻変動で海水が地盤に閉じ込められて、

それをくみ出してるんです。

海岸沿いの温泉に多いタイプです。

結構良い値段します。

夜遅くまでやってるのは有り難いですね。

建物内の写真はないです。

食事処が併設されているので、

食事をとることも出来ます。

ネットの口コミを見ると、

ここの食事処は美味しいらしいです。

温泉は塩っ辛い塩化物泉で、

とても体が温まります。

高濃度炭酸泉もありましたよ。

目の前が大洗サンビーチなので、

露天風呂からは海が見えました。

暗くてよくわからなったですが。

素泊まり専用のペンションもありますよ。

茨城県大洗町 潮騒の湯 情報

名称 潮騒の湯
公式HP http://www.siosai.jp/index.html
電話番号 029-267-4031
住所 〒311-1311 茨城県東茨城郡大洗町大貫町256−25
営業時間 10:00~23:00
料金 大人(中学生以上) 平日800円 土日祝1000円
小人(小学生以下) 平日500円 土日祝 600円
3歳以下無料
泉質 ナトリウム-塩化物強塩温泉

茨城県大洗町 潮騒の湯 地図

茨城県大洗町 味ごよみ 宮田

大洗に来たならアンコウが食べたいって思い

ネットで店を探しました。

潮騒の湯から徒歩2分のところにある

「味ごよみ 宮田」さんが口コミ評価も高くて

一人でも入りやすそうだったので

行ってみることにしました。

オシャレな店構えに入るのをためらったが

空腹を抑えられなくなったので突入しました。

中に入ると、↓のようなものが。

大洗はアニメの舞台なんですかね?

カウンター席、テーブル席、個室とありました。

一人だったのでカウンターに案内されました。

あんこうのメニューに11月~3月と書かれていて

不安になりましたが、店員さんに聞いたところ

10月だけど大丈夫だよとのこと。

あんこう鍋1人前 3000円との雑炊セット300円にしました。

しばらく待つとコンロが運ばれてきて

アンコウ鍋の到着です。

思った以上に具だくさんで、

アンコウの身や皮やエラとかたくさん入っていました。

店員さんがひとつひとつ具の説明をしてくれました。

アンコウ食べたの初めてでしたが、

美味くて感動しました。

ガッツきまくってあっという間に食べきりました。

雑炊セットです。

大将の手の動きが早すぎて残像が映りました。

アンコウの雑炊です。

美味過ぎてビビります。

雑炊が大好きです。

山口県下関で食べたフグ鍋の雑炊も美味かったですが、

アンコウ鍋の雑炊も負けていません。

店員さんの接客も良くて、

気持ちの良いお店でした。

アンコウ以外も美味しいと評判ですので、

また来たいと思いました。

茨城県大洗町 味ごよみ 宮田 情報

名称 味ごよみ 宮田
食べログHP https://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080102/8005823/
電話番号 029-267-0045
住所 〒311-1311 茨城県東茨城郡大洗町大貫町256−488
営業時間 17:00~22:30
昼は予約のみ
月曜定休

茨城県大洗町 味ごよみ 宮田 地図

まとめ

2回に渡り、茨城県日帰り旅行をご紹介しました。

日帰り旅行はすごい久しぶりでしたが

お手軽で良いですね。

長期の旅に出るときは、

無事生きて帰って来れるだろうか?って思いながら出発しますから。

春・秋は茨城のひたち海浜公園に

綺麗な風景を見に行ってみてくださいな。

次回から再び、2016年のゴールデンウィークの旅に戻ります。

ではまた。

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする