ゴールデンウィーク

2017年 奈良お花見観光!「一目千本」の吉野山を歩き回った。

2017年春の桜巡りの記録です。

今回も引き続き奈良県を巡ります。

 

前回は又兵衛桜をご紹介しましたが、

今回は「一目千本」で有名な吉野山の桜をご紹介します。

 

前回の記事はこちら↓

あわせて読みたい
2017年 奈良お花見観光!朝焼けの又兵衛桜を堪能する。2017年の春、西は京都から東は北海道まで、 桜を追いかける日々を過ごしておりました。 東京・埼玉・山梨の桜巡りにつ...

 

 

奈良県

奈良県吉野町 吉野山

 

↑の又兵衛桜を見た後、吉野山に向かいます。

宇陀市の又兵衛桜から車で30分弱で吉野山に着きます。

左には吉野川が流れています。

桜橋という橋を渡ります。

吉野山を上り始めます。

早朝なので道は全然空いてます。

上り始めてすぐに吉野神宮があります。

鳥居の横にある桜が綺麗ですね。

帰りに吉野神宮には参拝するつもりなので、

ここは鳥居の前だけで、また先に進みます。

吉野山観光駐車場に到着です。

朝6時に到着しました。

黄色のジャンパー来た人は駐車場の係員です。

観桜期のみ有料で、普通車で1500円します。

土日は観光バス限定になります。

 

わたしが行ったのは金曜日だったので停められましたが、

土日はそもそも吉野山はマイカー規制されるので、

郊外駐車場というもっと離れた場所に停めて、

有料シャトルバスで吉野山に来ることになります。

吉野歴史ウォークなる看板です。

駐車場そばの丘からしてピンクに彩られています。

ため息しか出ません。

駐車場を出て、さらに上を目指します。

 

朝焼けの吉野山はより色濃くなっていて本当に綺麗でした。

吉野山観光案内図です。

吉野山はふもとから順に4つのエリアに分けられています。

  • 下千本
  • 中千本
  • 上千本
  • 奥千本

このときはまだ上千本までは満開ではなかったです。

案内図の左上に「水分神社」とか「花矢倉展望台」があるのですが、

今回はそこを目標にします。

 

 

七曲り下の千本です。

「うわぁ・・・すげぇ・・」などとブツブツ言いながら歩きます。

大橋という赤い橋があります。

歩いてるときはあまり意識しませんでしたが、

後醍醐天皇の皇子である護良親王が鎌倉幕府と戦ってたときの名残なんですって。

日本画みたいです。

黒門坂をのぼります。

見上げると竹林が。

黒門でございます。

千社札が数多く貼られていました。

この先にある金峯山寺の総門です。

黒門から2~3分歩くと、大きな鳥居が見えてきます。

重要文化財に指定されている金峯山寺 銅鳥居(かねのとりい)です。

普通の鳥居よりも横幅が広い気がします。

創立年代不詳で、聖武天皇の東大寺の大仏建立した際の

余った銅を用いて作られたという伝承があります。

過去に何度か焼失していて、1711年に再建されたという記録があり、

銅製の鳥居としては、現存する最古のものです。

 

 

鳥居の上にある文字が書かれた部分のことを扁額(へんがく)というのですが、

扁額に「発心門」と書かれています。

 

この発心門と

安芸の宮島の真っ赤なデカい鳥居と、

大阪の四天王寺の石の鳥居の3つが

日本三鳥居と言われています。

 

厳島神社は行ったことあるけど、

大阪の四天王寺はまだ行ったことがありません。

いつか行こう。

 

さらに歩くと国宝の仁王門が見えてきます。

残念ながら改修中です。

当時はまだ譲位の話が出る前だったので、

平成31年って書いてますが、新しい年号の元年までですね。

高さ20.3mあります。

下層は1336年頃、上層は1455年頃に建造されたと考えられています。

金剛力士像です。

阿形が1338年、吽形が1339年の造立されたものです。

金峯山寺 蔵王堂でございます。

金峯山寺の情報や地図は後で載せておきます。

目の前には大塔宮(護良親王)の陣地跡があります。

眼下には南北朝時代の吉野朝廷の皇居跡があります。

この時点で朝6時半過ぎ。

帰りに参拝することにして、先に進みます。

「東南院」です。

境内の桜がいい感じです。

吉水神社の鳥居です。

鳥居をくぐり、吉水神社に向かう途中の景色です。

奥に見えるのは蔵王堂です。

吉水神社の開門は朝9時からです。

まだまだ時間があるので、先に上千本まで行って、

帰り際に参拝することにします。

この辺りから見えるのは「中千本」エリアです。

吉水神社から10分も奥に歩けば、

人家や店もなくなってきます。

交差点が見えてきます。

この交差点が交通規制の境界で、

わたしが車を停めた吉野山観光駐車場からこの交差点までは

マイカー規制の区間となります。

曜日に応じて規制時間帯が異なるのでご注意を。

ちなみに、現在地はこの案内図の左側の赤い部分です。

結構進んで来ました。

吉野山観光駐車場からここまでで大体1時間ちょっと経過してます。

色々写真撮りながら、のんびり移動してるのもありますが、ご参考までに。

上千本を目指します。

苔を見ると写真を撮ってしまいます。

 

7時半頃に上千本エリアに到着です。

上千本のあたりはまだ三分咲き~五分咲きぐらいでした。

2017年は例年より開花が遅かったですね。

右手にちっちゃく映ってるのが蔵王堂です。

かなり上までのぼってきました。

 

次のページに続きます。

1 2 3
■旅行計画の立て方

STEP1.旅行の目的を決める!

目的無く旅に出るのも良いですが、それは上級者向け。

はじめに『目的』を決めた方が旅のプランを立てやすいです。『絶景が観たい』

  • 『おいしいものが食べたい』
  • 『ディズニーランド(USJ)に行きたい』
  • 『とにかく一人旅がしたい』
  • 『親孝行で温泉に連れて行きたい』

といった感じで『誰と何がしたいか?』を最初に決めることから始めましょう。

 

『旅の目的』が複数ある場合は、『優先順位』を決めておいた方が良いです。

予期せぬ事情で、現地で日程変更になった場合など、『最低限、これだけは譲れないよね』という共通認識がないと、その場で揉めることになります。

円満な旅のため、あらかじめ『優先順位』を決めておきましょう!

STEP2.予算を決める!

『誰と何がしたいか?』が決まれば、交通費や宿泊費、食費、その他経費(チケット代等)から概算で予算を決めましょう。

STEP3.目的地を決める!

『目的』と『予算』が決まれば、おのずと『目的地』が決まってきます。

目的によって旅の方角や季節が決まり、

予算によって海外 or 国内、近場かどうかが決まります。

行き先の候補を絞って行きましょう。

STEP4.交通手段を決める!

海外なら必然的に『飛行機』『船』に絞られます。

国内なら『飛行機』『新幹線・電車』『バス』『車』『自転車・徒歩』のどれかになると思います。




STEP5.日程を決める!

『目的地』が決まったら、関係各位とスケジュール調整をして『日程』を決めましょう。

長期連休の場合、交通費や宿泊費が高騰することが多々あるので、

可能ならピークの時期をずらすことをおすすめします。

STEP6.ツアー or 個人旅行を決める!

『予算』『目的地』『日程』が決まれば、

  • ツアーで行く
  • 個人で行く
  • 旅行代理店で宿や交通手段を個別に手配
  • 自分ですべて手配する

といった具体的な行程に入ります。

『行き方』は、この段階で決まることも多いでしょう。

STEP7.宿を決める!

ツアーでなければ、ご自身で『宿』を手配する必要があります。

予算や目的に応じて、最適な宿を探しましょう。

STEP8.現地下調べ&スケジュール作成!

ここまでで最低限の下準備は完了。

ここからは『より快適な旅にする』ための工程になります。

あとは『予算』『日程』に応じて、旅の『肉付け』をしていきます。

例えば、『南の島でダイビングをする』のが主な目的なら、それ以外の小さな目的を整理し、合間の移動時間を調べるなどして、詳細なスケジュールを立てていきます

観光ガイドブックやインターネットなどで、現地の観光スポットやグルメスポット、お土産など事前に調べておくと、無駄なく旅を過ごすことが出来ます。

このブログのように、体験談など調べておくのも一つです。

STEP9.必要なものを買い揃える!

『旅の準備』と『現地知識』を蓄えたら、あとは必要なものを買い揃える工程です。

旅慣れている方なら、不要なSTEPかもしれません。

  • スーツケース・旅行バッグ
  • 着替えや水着
  • 綺麗な思い出を残すためのカメラ
  • 携帯WIFI

などなど、『目的』や『行き先』、『日程』に応じた準備を行います。

海外に行く場合は、万が一のために『海外旅行保険』や『保険付きのクレジットカード』など用意しておくことをおすすめします。


STEP10.当日 旅立つ!

ここまで来ればもう準備万端。

『体調』を整え、『天気』が良いことを祈るばかり。

あとは旅行を満喫するだけ!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA