ゴールデンウィーク

2017年 奈良お花見観光!「一目千本」の吉野山を歩き回った。

奈良県吉野町 金峯山寺

再び蔵王堂に向かいます。

4月からゴールデンウィークまで、

金剛蔵王大権現の特別御開帳期間になっています。

蔵王堂には2016年の秋にも来ていますが、

そのときも拝観可能だったので、

1年に何度か公開されているんですね。

吉野山を歩いてるとあちこちに↑のようなポスターを見かけます。

これが秘仏の蔵王大権現です。

高さ約7mもあり、

中央には釈迦如来、

右手には千手観音菩薩

左手には弥勒菩薩と3体のご本尊が

特別公開されています。

あまりの迫力に圧倒されてしまいます。

 

2018年の春も特別御開帳やるみたいなので、

お時間ある方は是非拝観してください。

 

蔵王堂を出て、駐車場に戻ります。

この時点で朝10時。

もう4時間も吉野山を歩き回っています。

 

日が高くなってきたころに

反対側から大勢の観光客がどんどん増えてきます。

早朝から行動開始して良かった~て思いましたね。

早朝見たときと色合いが全然違うので、

1日で二度楽しめます。

奈良県吉野町 金峯山寺 情報

名称 金峯山寺
電話番号 0746-32-8371
住所 〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
拝観時間 平成30年の特別御開帳
平成30年3月31日~5月6日
8:30~16:30(受付は16:00まで)
拝観料 大人1000円
中高生800円
小学生600円

 

奈良県吉野町 金峯山寺 地図

奈良県吉野町 吉野神宮

車に戻ったら、すぐ下の吉野神宮に向かいます。

駐車場もありますが、観桜期は台数が限られているようなのでご注意を。

ただ、このときは1台も停まってませんでした。

御祭神は後醍醐天皇です。

 

朝10時半頃なのですが、吉野神宮は参拝客が一人もいませんでした。

すぐそばの吉水神社や蔵王堂あたりの混雑ぶりを考えると

同じ吉野山とは思えないほど閑散としています。

吉野神宮を上からみたところ。

本殿です。

枝垂れ桜が綺麗に咲いてました。

吉野神宮参拝をもって、

吉野山を出発し、次の目的地に向かいます。

奈良県吉野町 吉野神宮 情報

名称 吉野神宮
電話番号 0746-32-3088
住所 〒639-3115 奈良県吉野郡 吉野町吉野山3226
拝観時間 8:30~17:00
拝観料 無料

 

奈良県吉野町 吉野神宮 地図

まとめ

2017年の吉野山の桜花見の様子をご紹介しました。

長くなりすぎましたね。

 

吉野山でのんびり桜を見るなら、

やはり平日がおすすめですね。

 

土日はマイカー規制があるので、

シャトルバスで移動しようとすると

既に混雑した時間帯に到着することになってしまいます。

 

土日しか行けなければ、

日の出とともに行動開始して、歩いて吉野山まで行くぐらいの気合いが必要だと思います。

 

わたしがまた吉野山に行くとしたら、

前日から吉野山観光駐車場で車中泊。

朝6時ぐらいから散策を開始して、

午前中には吉野山を出発して

次の目的地に向かうって日程にすると思います。

 

少しでも快適に旅をしようとしたら

早起きする努力が欠かせません。

 

2018年4月もまた吉野山に花見に行ければいいな。

 

次回は奈良の帯解寺に寄って

京都の桜巡りしたところをご紹介します。

 

ではまた。

1 2 3
■旅行計画の立て方

STEP1.旅行の目的を決める!

目的無く旅に出るのも良いですが、それは上級者向け。

はじめに『目的』を決めた方が旅のプランを立てやすいです。『絶景が観たい』

  • 『おいしいものが食べたい』
  • 『ディズニーランド(USJ)に行きたい』
  • 『とにかく一人旅がしたい』
  • 『親孝行で温泉に連れて行きたい』

といった感じで『誰と何がしたいか?』を最初に決めることから始めましょう。

 

『旅の目的』が複数ある場合は、『優先順位』を決めておいた方が良いです。

予期せぬ事情で、現地で日程変更になった場合など、『最低限、これだけは譲れないよね』という共通認識がないと、その場で揉めることになります。

円満な旅のため、あらかじめ『優先順位』を決めておきましょう!

STEP2.予算を決める!

『誰と何がしたいか?』が決まれば、交通費や宿泊費、食費、その他経費(チケット代等)から概算で予算を決めましょう。

STEP3.目的地を決める!

『目的』と『予算』が決まれば、おのずと『目的地』が決まってきます。

目的によって旅の方角や季節が決まり、

予算によって海外 or 国内、近場かどうかが決まります。

行き先の候補を絞って行きましょう。

STEP4.交通手段を決める!

海外なら必然的に『飛行機』『船』に絞られます。

国内なら『飛行機』『新幹線・電車』『バス』『車』『自転車・徒歩』のどれかになると思います。




STEP5.日程を決める!

『目的地』が決まったら、関係各位とスケジュール調整をして『日程』を決めましょう。

長期連休の場合、交通費や宿泊費が高騰することが多々あるので、

可能ならピークの時期をずらすことをおすすめします。

STEP6.ツアー or 個人旅行を決める!

『予算』『目的地』『日程』が決まれば、

  • ツアーで行く
  • 個人で行く
  • 旅行代理店で宿や交通手段を個別に手配
  • 自分ですべて手配する

といった具体的な行程に入ります。

『行き方』は、この段階で決まることも多いでしょう。

STEP7.宿を決める!

ツアーでなければ、ご自身で『宿』を手配する必要があります。

予算や目的に応じて、最適な宿を探しましょう。

STEP8.現地下調べ&スケジュール作成!

ここまでで最低限の下準備は完了。

ここからは『より快適な旅にする』ための工程になります。

あとは『予算』『日程』に応じて、旅の『肉付け』をしていきます。

例えば、『南の島でダイビングをする』のが主な目的なら、それ以外の小さな目的を整理し、合間の移動時間を調べるなどして、詳細なスケジュールを立てていきます

観光ガイドブックやインターネットなどで、現地の観光スポットやグルメスポット、お土産など事前に調べておくと、無駄なく旅を過ごすことが出来ます。

このブログのように、体験談など調べておくのも一つです。

STEP9.必要なものを買い揃える!

『旅の準備』と『現地知識』を蓄えたら、あとは必要なものを買い揃える工程です。

旅慣れている方なら、不要なSTEPかもしれません。

  • スーツケース・旅行バッグ
  • 着替えや水着
  • 綺麗な思い出を残すためのカメラ
  • 携帯WIFI

などなど、『目的』や『行き先』、『日程』に応じた準備を行います。

海外に行く場合は、万が一のために『海外旅行保険』や『保険付きのクレジットカード』など用意しておくことをおすすめします。


STEP10.当日 旅立つ!

ここまで来ればもう準備万端。

『体調』を整え、『天気』が良いことを祈るばかり。

あとは旅行を満喫するだけ!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA