2017年 奈良お花見観光!「一目千本」の吉野山を歩き回った。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

奈良県吉野町 金峯山寺

再び蔵王堂に向かいます。

4月からゴールデンウィークまで、

金剛蔵王大権現の特別御開帳期間になっています。

蔵王堂には2016年の秋にも来ていますが、

そのときも拝観可能だったので、

1年に何度か公開されているんですね。

吉野山を歩いてるとあちこちに↑のようなポスターを見かけます。

これが秘仏の蔵王大権現です。

高さ約7mもあり、

中央には釈迦如来、

右手には千手観音菩薩

左手には弥勒菩薩と3体のご本尊が

特別公開されています。

あまりの迫力に圧倒されてしまいます。

2018年の春も特別御開帳やるみたいなので、

お時間ある方は是非拝観してください。

蔵王堂を出て、駐車場に戻ります。

この時点で朝10時。

もう4時間も吉野山を歩き回っています。

日が高くなってきたころに

反対側から大勢の観光客がどんどん増えてきます。

早朝から行動開始して良かった~て思いましたね。

早朝見たときと色合いが全然違うので、

1日で二度楽しめます。

奈良県吉野町 金峯山寺 情報

名称 金峯山寺
電話番号 0746-32-8371
住所 〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
拝観時間 平成30年の特別御開帳
平成30年3月31日~5月6日
8:30~16:30(受付は16:00まで)
拝観料 大人1000円
中高生800円
小学生600円

奈良県吉野町 金峯山寺 地図

奈良県吉野町 吉野神宮

車に戻ったら、すぐ下の吉野神宮に向かいます。

駐車場もありますが、観桜期は台数が限られているようなのでご注意を。

ただ、このときは1台も停まってませんでした。

御祭神は後醍醐天皇です。

朝10時半頃なのですが、吉野神宮は参拝客が一人もいませんでした。

すぐそばの吉水神社や蔵王堂あたりの混雑ぶりを考えると

同じ吉野山とは思えないほど閑散としています。

吉野神宮を上からみたところ。

本殿です。

枝垂れ桜が綺麗に咲いてました。

吉野神宮参拝をもって、

吉野山を出発し、次の目的地に向かいます。

奈良県吉野町 吉野神宮 情報

名称 吉野神宮
電話番号 0746-32-3088
住所 〒639-3115 奈良県吉野郡 吉野町吉野山3226
拝観時間 8:30~17:00
拝観料 無料

奈良県吉野町 吉野神宮 地図

まとめ

2017年の吉野山の桜花見の様子をご紹介しました。

長くなりすぎましたね。

吉野山でのんびり桜を見るなら、

やはり平日がおすすめですね。

土日はマイカー規制があるので、

シャトルバスで移動しようとすると

既に混雑した時間帯に到着することになってしまいます。

土日しか行けなければ、

日の出とともに行動開始して、歩いて吉野山まで行くぐらいの気合いが必要だと思います。

わたしがまた吉野山に行くとしたら、

前日から吉野山観光駐車場で車中泊。

朝6時ぐらいから散策を開始して、

午前中には吉野山を出発して

次の目的地に向かうって日程にすると思います。

少しでも快適に旅をしようとしたら

早起きする努力が欠かせません。

2018年4月もまた吉野山に花見に行ければいいな。

次回は奈良の帯解寺に寄って

京都の桜巡りしたところをご紹介します。

ではまた。

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする