栃木観光の旅!ゴールデンウィーク!締めくくりは喜連川温泉巡り!

2015年ゴールデンウィークに旅行した

栃木の旅の最後です

締めくくりは

栃木県さくら市の喜連川温泉です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

喜連川温泉

喜連川(きつれがわ)温泉と読みます。

日本三大美肌の湯の一つに数えられています。

似たやつで日本三大美人の湯ってのものあります。

どっちがどっちがごっちゃになります。

以下参考までに。

日本三大美肌の湯

  • 栃木県 喜連川温泉
  • 佐賀県 嬉野温泉
  • 島根県 斐乃上温泉(ひのかみおんせん)

日本三大美人の湯

  • 群馬県 川中温泉
  • 和歌山県 龍神温泉
  • 島根県 湯の川温泉

こう見ると、島根すごいじゃん!って思います。

話を喜連川温泉に戻します。

喜連川温泉には以下7軒の温泉施設を巡れる温泉手形が販売されています。

  • 早乙女温泉
  • ホテルニューさくら
  • かんぽの宿 栃木喜連川温泉
  • ハートピアさくらの郷
  • もとゆ(第一温泉浴場)
  • 露天風呂(第二温泉浴場)
  • 道の駅きつれがわ

温泉手形

早乙女温泉 以外で購入できます。

1500円で3つの施設を利用可能です。

僕は知らずに初めに早乙女温泉に行って

温泉手形を入手できずに、わざわざ違う温泉施設に行って、

温泉手形購入と入浴してから

再び早乙女温泉に行くっていう面倒な目に遭いました。

せっかく温泉手形を買ったんだからと、

夕方から急いで3軒はしごしました。

僕が廻った3つの施設をさくっとご紹介します。

もとゆ(第一温泉浴場)

しょっぼい写真しかなくてごめんなさい。

地元の方々が多く利用されていました。

名称 もとゆ
電話番号 028-686-3284
住所 〒329-1412 栃木県さくら市喜連川6620−1
営業時間 10:00~23:00
料金 大人 300円 子供150円

ホテルニューさくら

こちらもしょぼい写真でごめんなさい。

綺麗な施設でした。

弱アルカリ性ということで少しとろみがある感じです。

美肌の湯と言われる所以ですね。

名称 ホテルニューさくら
公式HP http://new-sakura.net/index.html
電話番号 028-686-0511
住所 〒329-1412 栃木県さくら市喜連川5445−1
営業時間 10:00~21:00
料金 大人 600円 子供400円

早乙女温泉

ピンぼけです・・。

喜連川温泉にはここ早乙女(そうとめ)温泉を目当てに行きました。

ゴムみたいな匂いがします。

もとゆ温泉もホテルニューさくらとも全然違う泉質です。

新潟の月岡温泉に似てるかな?

他の施設に申し訳ないですが、

早乙女温泉がダントツで良いです。

喜連川温泉に行ったなら、ここに行かないのは損です。

全国でもかなりお気に入りの温泉です。

名称 早乙女温泉
公式HP http://www.soutome-on.com/
電話番号 028-686-4126
住所 〒329-1414 栃木県さくら市早乙女2114
営業時間 10:00~21:00
料金 時間帯で変わります。

18時まで 大人1050円 子供500円

18時以降 大人550円 子供250円

喜連川温泉 地図

まとめ

3泊の栃木旅行でした。

  • 温泉巡りしまくり
  • 猫可愛い
  • 巨大地下神殿
  • 日光

といった感じで、短期間ながら濃密な旅でした。

栃木は比較的近くて

観光資源が豊富でいいですね。

なにより温泉が多いのが良いです。

硫黄泉バンザイです。

那須どうぶつ王国も大谷資料館も子供は喜ぶと思います。

子供からお年寄りまで楽しめる県です。

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする