ゴールデンウィーク

栃木 日光観光の旅!ゴールデンウィーク!日光の社寺を巡る!

栃木の旅 3日目です。

日光東照宮

をご紹介します。

平成11年12月に「日光の社寺」として

以下まとめて世界遺産に登録されています。

  • 日光東照宮
  • 日光山輪王寺
  • 日光二荒山神社

 

日光東照宮

 

日光東照宮といえば

徳川家康

です。

 

日本の宗教観では

功績を残した人が死ぬと

神様として祀られます。

日光東照宮の

正式名称は「東照宮」です。

「東照宮」と名の付く神社が

青森や島根など各地にあるため

区別するために頭に「日光」と付けています。

伊勢神宮の正式名称が「神宮」というのと同様でしょう。

 

表門です。仁王門ともいわれます

 

 

有名な

見ざる聞かざる言わざる

の三猿です。

だいぶ色が落ちていて、

2016年に60年ぶりに改修されることになります。

 

遠くからみると小っちゃいです。

でも、写真撮ってる人がたくさんいるので

気付くと思います。

 

 

国宝の陽明門

平成の大修理で見られませんでした・・。

平成31年までだそうです。

 

陽明門の左右に延びる建物が

廻廊

これも国宝です。

 

唐門っす。

国宝っす。

 

 

眠り猫です。

翌2016年にも日光東照宮に行ったのですが、

そのときは眠り猫も修理中で、

レプリカが配置されていました。

観光客はレプリカの写真をばんばん撮りまくってたので

本物かどうかはどっちでも良いんだろうなと。

 

奥宮になります。

ここにいたるまで結構な階段を上ることになります。

周りのお年寄りはハァハァ言いながら歩いていました。

夏場行かれる方は、水分補給を忘れずに気を付けてください。

 

奥宮の後ろにあるのが

徳川家康公の墓所です。

 

おみくじが可愛いです。

ピンぼけですけど。

眠り猫のお守りも売っています。

 

 

 

あわせて読みたい
日光諏訪観光!真冬の奥鬼怒&奥日光で温泉&滝巡り! 諏訪湖の御神渡りも!速報版!仕事終わりに「まだまだ寒いなぁ~」って空を見上げつつ ふと思いました。 雪見露天風呂に入りたい・・って。 もう...

日光山輪王寺

輪王寺というお寺があるのではなく、

 

日光山内の大猷院や奥日光の中禅寺などの総称です。

 

三仏堂も改修中です。

東日本で最大の木造建築だそうです。

ちなみに日本最大は奈良の東大寺です。

三仏堂全体が工事用の建物に覆われています。

中に入ることが出来て、

千手観音、阿弥陀如来像、馬頭観音

の三体の大仏など、今だけ間近で見ることが出来ます。

上にあがると、天空廻廊と呼ばれる通路があり

改修中の三仏堂を上から眺めることが出来ます。

 

五重塔です。

重要文化財に指定されています。

徳川家光公の

大猷院

です。

 

仁王門です。

金剛力士像がございます。

阿吽の呼吸の語源です。

 

夜叉門です。

 

4体の夜叉が家光公の霊廟を守護しています。

  • 青:烏摩勒伽(うまろきゃ)
  • 緑:阿跋摩羅(あばつまら)
  • 赤:毘陀羅(びだら)
  • 白:犍陀羅(けんだら)

 

    

徳川家康が死去したのは1616年で

亡くなってから400年記念ということで、

大猷院では、家康公御位牌初公開されていました。

400年で初めてって凄いですよね。

2016年11月まで公開されていました。

あわせて読みたい
群馬・日光観光!群馬県立自然史博物館でティラノ、華厳の滝・湯滝巡り前回の記事では、 万座温泉巡りをしていましたが、 その翌日のお話でございます。 群馬県立事前博物館に行き、 翌日...

日光二荒山神社

下野国の一宮です。

 

 

日光の社寺 情報

日光東照宮、日光山輪王寺、二荒山神社のそれぞれに

公式HPがありますが、

「日光の社寺」というサイトで統合されていて

各HPに飛ぶことが出来ます。

名称 日光の社寺
電話番号 0288-54-0560 

日光東照宮のものです。

住所 〒321-1431 栃木県日光市山内2301

日光東照宮のものです。 

営業時間 4月~9月  8:00~17:00
10月~3月 8:00~16:00
拝観料 東照宮は、大人1300円 子供450円

輪王寺は、大人900円 子供400円

色々セット券とか値段があります。

 

日光の社寺 地図


日光を堪能したあとは、大谷に移動します。

長くなったのでまた別の記事で。

あわせて読みたい
大谷資料館に行ってきた感想!見所、営業時間や料金、周辺地図をご紹介!動画あり!栃木にある『大谷資料館』に行ってまいりました。 コンビニや本屋に行くと『日本の絶景』的な雑誌をよく見かけるようになりました。 ...
■旅行計画の立て方

STEP1.旅行の目的を決める!

目的無く旅に出るのも良いですが、それは上級者向け。

はじめに『目的』を決めた方が旅のプランを立てやすいです。『絶景が観たい』

  • 『おいしいものが食べたい』
  • 『ディズニーランド(USJ)に行きたい』
  • 『とにかく一人旅がしたい』
  • 『親孝行で温泉に連れて行きたい』

といった感じで『誰と何がしたいか?』を最初に決めることから始めましょう。

 

『旅の目的』が複数ある場合は、『優先順位』を決めておいた方が良いです。

予期せぬ事情で、現地で日程変更になった場合など、『最低限、これだけは譲れないよね』という共通認識がないと、その場で揉めることになります。

円満な旅のため、あらかじめ『優先順位』を決めておきましょう!

STEP2.予算を決める!

『誰と何がしたいか?』が決まれば、交通費や宿泊費、食費、その他経費(チケット代等)から概算で予算を決めましょう。

STEP3.目的地を決める!

『目的』と『予算』が決まれば、おのずと『目的地』が決まってきます。

目的によって旅の方角や季節が決まり、

予算によって海外 or 国内、近場かどうかが決まります。

行き先の候補を絞って行きましょう。

STEP4.交通手段を決める!

海外なら必然的に『飛行機』『船』に絞られます。

国内なら『飛行機』『新幹線・電車』『バス』『車』『自転車・徒歩』のどれかになると思います。




STEP5.日程を決める!

『目的地』が決まったら、関係各位とスケジュール調整をして『日程』を決めましょう。

長期連休の場合、交通費や宿泊費が高騰することが多々あるので、

可能ならピークの時期をずらすことをおすすめします。

STEP6.ツアー or 個人旅行を決める!

『予算』『目的地』『日程』が決まれば、

  • ツアーで行く
  • 個人で行く
  • 旅行代理店で宿や交通手段を個別に手配
  • 自分ですべて手配する

といった具体的な行程に入ります。

『行き方』は、この段階で決まることも多いでしょう。

STEP7.宿を決める!

ツアーでなければ、ご自身で『宿』を手配する必要があります。

予算や目的に応じて、最適な宿を探しましょう。

STEP8.現地下調べ&スケジュール作成!

ここまでで最低限の下準備は完了。

ここからは『より快適な旅にする』ための工程になります。

あとは『予算』『日程』に応じて、旅の『肉付け』をしていきます。

例えば、『南の島でダイビングをする』のが主な目的なら、それ以外の小さな目的を整理し、合間の移動時間を調べるなどして、詳細なスケジュールを立てていきます

観光ガイドブックやインターネットなどで、現地の観光スポットやグルメスポット、お土産など事前に調べておくと、無駄なく旅を過ごすことが出来ます。

このブログのように、体験談など調べておくのも一つです。

STEP9.必要なものを買い揃える!

『旅の準備』と『現地知識』を蓄えたら、あとは必要なものを買い揃える工程です。

旅慣れている方なら、不要なSTEPかもしれません。

  • スーツケース・旅行バッグ
  • 着替えや水着
  • 綺麗な思い出を残すためのカメラ
  • 携帯WIFI

などなど、『目的』や『行き先』、『日程』に応じた準備を行います。

海外に行く場合は、万が一のために『海外旅行保険』や『保険付きのクレジットカード』など用意しておくことをおすすめします。


STEP10.当日 旅立つ!

ここまで来ればもう準備万端。

『体調』を整え、『天気』が良いことを祈るばかり。

あとは旅行を満喫するだけ!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA