嬬恋観光の旅!万座温泉巡り!高原ホテル・豊国館・日進館とハシゴ!

群馬県嬬恋で鬼押出し園を散歩した後は、

万座温泉です。

またも群馬の温泉巡りです。

↓前回の記事。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

万座温泉 万座高原ホテル

これを機に何度もお世話になる万座温泉です。

この時が初めての万座温泉で、

万座高原ホテルに伺いました。

なんでかホテルの外観写真すら撮ってなかったです。

唯一残ってる写真が↓

なぜ源泉案内図だけ写真撮ったのか、

自分でも意味不明です。。

万座温泉は標高1800mに位置し、

硫黄含有量日本一の温泉です。

万座温泉、大好きです。

日進館という旅館があるのですが、

よく行きます。

ここ、万座高原ホテルは、

石庭露天風呂が有名で、

8つの浴槽があります。

8つのうち、1つは女性専用で、残りは混浴です。

お湯が真っ白に白濁してますし、

タオル巻きもOKなので、

女性でも比較的入りやすいと思われます。

万座温泉 万座高原ホテル 情報

名称 万座高原ホテル
公式HP http://www.princehotels.co.jp/manza-kogen/
電話番号 0279-64-2101
住所 〒377-1528 群馬県吾妻郡吾妻郡嬬恋村干俣万座温泉
営業時間 日帰り入浴は11:00~18:00
料金 1200円
HPに割引チケットがあるので
提示すれば900円になります。
万座プリンスホテル・万座高原ホテルの
どちらも利用できる割引チケットです。
日にちによっては割引チケットを
利用できない場合もあるそうなので、
気になる方はホテルにお問い合わせください。
泉質 酸性・含硫黄-マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉

万座温泉 万座高原ホテル 地図

万座温泉 豊国館

万座高原ホテルのすぐそばにある豊国館です。

ほうごくかんって読みます。

白く飛んじゃってますが、

歴史感じる建物です。

なかなかレトロな洗い場です。

男女別の内湯が1つずつ

女性専用露天風呂が1つ

混浴露天風呂が1つです。

ここも万座高原ホテル同様、

乳白色の温泉で、タオル巻きも大丈夫です。

露天風呂は1mほど深さがあり、

半立ち状態で入ります。

露天風呂からの景色がとても良いです。

万座温泉 豊国館 情報

名称 豊国館
公式HP http://www.houkokukan.com/
電話番号 0279-97-2525
住所 〒377-1528 群馬県吾妻郡 嬬恋村大字干俣万座温泉2401
営業時間 日帰り入浴は8:00~18:00
料金 500円
泉質 酸性-含硫黄-ナトリウム-硫酸塩泉

万座温泉 豊国館 地図

万座温泉 日進館

万座温泉には何度も行ってますが、

僕が一番お勧めするのは日進館です。

全国あちこち温泉入りましたが、

トップクラスに気に入ってまして、

最近は万座温泉行っても、日進館にしか行ってない気がします。

日進館のすぐ裏の景色が荒涼としていて僕好みです。

この辺も歩けるのですが、

硫化水素ガスで立入禁止の看板が出てる区域もあります。

日進館には9つの温泉があります。

大浴場の長寿の湯には6つの温泉があり、

離れの温泉極楽湯からの眺望はとても良いです。

宿泊の客はこれらに加え

万天の湯円満の湯(貸切風呂)が楽しめます。

日進館は混浴ではないので、

女性も落ち着いて入れると思います。

日進館は行って損はありません。

おススメです。

万座温泉 日進館 情報

名称 日進館
公式HP http://www.manza.co.jp/
電話番号 0279-97-3131
住所 〒377-1528 群馬県吾妻郡 嬬恋村干俣万座温泉2401
営業時間 日帰り入浴は10:00~17:00
料金 1000円
泉質 酸性・含硫黄-マグネシウム・ナトリウム-硫酸園温泉

万座温泉 日進館 地図

良かったらクリックお願いします。

クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


国内ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする