栃木県

軽井沢・嬬恋観光!軽井沢 白糸の滝鑑賞&霧の鬼押し出し園で散歩

2015年7月ごろのお話です。

以前の群馬観光の旅の最後に

次回は栃木と書きましたが、

長野・群馬・栃木に跨った旅行をしてました。

2日程度の短い旅です。

 

↓群馬観光の記事です。

あわせて読みたい
群馬観光の旅!不二洞と天空回廊!旅の最後は宝川温泉!群馬の旅の最終日です。 前日は温泉巡りしまくってましたが、 この日は群馬県 上野村にある鍾乳洞に行きました。 動画もあ...

 

この旅のテーマは滝巡りでした。

 

長野県 軽井沢 白糸の滝

全国各地に「白糸の滝」という名の滝があります。

静岡の白糸の滝が有名ですが、

長野県 軽井沢の白糸の滝も素敵な滝です。

高さ3m、幅70mあり、

上流に川があるのではなく、

岩盤から水が湧きだして滝になっているため、

雨が降っても濁らない滝です。

白糸ハイランドウェイという道の途中にあります。

たしか有料道路だったような・・・。

 

この日は雨が降ってました。

朝8時過ぎに行ったのですが、

誰もいなくて貸し切り状態でした。

 

駐車場からこんな感じの道を歩いて数分です。

 

癒されますわ~。

小雨ってのもまた良かったです。

このときは、人っ子一人いませんでしたが、

世の中の写真を見ると、夏場は混雑してるみたいです。

どの観光地も同じですけど、朝早くに行くのがベストです。

 

動画も撮ってたのでアップしました。

良かったらどうぞ。

長野県 軽井沢 白糸の滝 動画

長野県 軽井沢 白糸の滝 情報

名称 白糸の滝
住所 〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉
営業時間 24時間いつでも行けます。
入場料 無料です。

長野県 軽井沢 白糸の滝 地図

 

群馬県 鬼押出し園

先ほどの白糸の滝から20分程度のところに

鬼押出し園があります。

白糸の滝は長野県ですが、

鬼押出し園は群馬県の嬬恋村にあります。

 

1783年の浅間山の大噴火の際に

流れ出た溶岩が固まり、風化してできた奇勝です。

なぜ、鬼押出し と名付けられたのかは不明だそうですが、

行ってみると、確かに巨大な奇岩がたくさんあり、

尋常ならざる場所ではあります。

こんな岩だらけの場所を縫うように遊歩道が整備されています。

 

中央部には浅間山噴火による犠牲者を弔う観音堂が設置されています。

希少なヒカリゴケが生息しています。

気付いたら結構な霧に包まれました。

 

白糸の滝と同様、人が全然いなかったのもあって、

幻想的というより、異世界に紛れてしまったような気分になります。

サイレントヒルってホラーゲームを思い出します。

 

こういう光景はなかなか見れませんので、

一度行ってみてはいかがでしょうか。

ここも動画ありましたのでアップしてみました。

良かったらどうぞ。

 

群馬県 鬼押出し園 動画

群馬県 鬼押出し園 情報

名称 鬼押出し園
電話番号 0279-86-4141
住所 〒377-1593 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1053
営業時間 8:00〜16:30
入場料 4/9~11/27 大人650円 子供450円
上記以外の期間 大人500円 子供250円

群馬県 鬼押出し園 地図

 

あわせて読みたい
群馬・日光観光!群馬県立自然史博物館でティラノ、華厳の滝・湯滝巡り前回の記事では、 万座温泉巡りをしていましたが、 その翌日のお話でございます。 群馬県立事前博物館に行き、 翌日...
あわせて読みたい
群馬観光!草津白根山と例の看板のある毛無峠、そのあとは万座温泉 日進館で湯治。2017年10月、群馬 湯治の旅です。 前回の記事では、草津温泉の共同浴場をご紹介しました https://japa...
あわせて読みたい
嬬恋観光の旅!万座温泉巡り!高原ホテル・豊国館・日進館とハシゴ!群馬県嬬恋で鬼押出し園を散歩した後は、 万座温泉です。 またも群馬の温泉巡りです。 ↓前回の記事。 ht...
■旅行計画の立て方

STEP1.旅行の目的を決める!

目的無く旅に出るのも良いですが、それは上級者向け。

はじめに『目的』を決めた方が旅のプランを立てやすいです。『絶景が観たい』

  • 『おいしいものが食べたい』
  • 『ディズニーランド(USJ)に行きたい』
  • 『とにかく一人旅がしたい』
  • 『親孝行で温泉に連れて行きたい』

といった感じで『誰と何がしたいか?』を最初に決めることから始めましょう。

 

『旅の目的』が複数ある場合は、『優先順位』を決めておいた方が良いです。

予期せぬ事情で、現地で日程変更になった場合など、『最低限、これだけは譲れないよね』という共通認識がないと、その場で揉めることになります。

円満な旅のため、あらかじめ『優先順位』を決めておきましょう!

STEP2.予算を決める!

『誰と何がしたいか?』が決まれば、交通費や宿泊費、食費、その他経費(チケット代等)から概算で予算を決めましょう。

STEP3.目的地を決める!

『目的』と『予算』が決まれば、おのずと『目的地』が決まってきます。

目的によって旅の方角や季節が決まり、

予算によって海外 or 国内、近場かどうかが決まります。

行き先の候補を絞って行きましょう。

STEP4.交通手段を決める!

海外なら必然的に『飛行機』『船』に絞られます。

国内なら『飛行機』『新幹線・電車』『バス』『車』『自転車・徒歩』のどれかになると思います。




STEP5.日程を決める!

『目的地』が決まったら、関係各位とスケジュール調整をして『日程』を決めましょう。

長期連休の場合、交通費や宿泊費が高騰することが多々あるので、

可能ならピークの時期をずらすことをおすすめします。

STEP6.ツアー or 個人旅行を決める!

『予算』『目的地』『日程』が決まれば、

  • ツアーで行く
  • 個人で行く
  • 旅行代理店で宿や交通手段を個別に手配
  • 自分ですべて手配する

といった具体的な行程に入ります。

『行き方』は、この段階で決まることも多いでしょう。

STEP7.宿を決める!

ツアーでなければ、ご自身で『宿』を手配する必要があります。

予算や目的に応じて、最適な宿を探しましょう。

STEP8.現地下調べ&スケジュール作成!

ここまでで最低限の下準備は完了。

ここからは『より快適な旅にする』ための工程になります。

あとは『予算』『日程』に応じて、旅の『肉付け』をしていきます。

例えば、『南の島でダイビングをする』のが主な目的なら、それ以外の小さな目的を整理し、合間の移動時間を調べるなどして、詳細なスケジュールを立てていきます

観光ガイドブックやインターネットなどで、現地の観光スポットやグルメスポット、お土産など事前に調べておくと、無駄なく旅を過ごすことが出来ます。

このブログのように、体験談など調べておくのも一つです。

STEP9.必要なものを買い揃える!

『旅の準備』と『現地知識』を蓄えたら、あとは必要なものを買い揃える工程です。

旅慣れている方なら、不要なSTEPかもしれません。

  • スーツケース・旅行バッグ
  • 着替えや水着
  • 綺麗な思い出を残すためのカメラ
  • 携帯WIFI

などなど、『目的』や『行き先』、『日程』に応じた準備を行います。

海外に行く場合は、万が一のために『海外旅行保険』や『保険付きのクレジットカード』など用意しておくことをおすすめします。


STEP10.当日 旅立つ!

ここまで来ればもう準備万端。

『体調』を整え、『天気』が良いことを祈るばかり。

あとは旅行を満喫するだけ!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA