鹿児島県

日本一の巨木 蒲生の大楠と鹿児島神宮に行ってきた感想

日本で一番大きな木がどんな木か知ってますか?

 

屋久島の『縄文杉』って答える人が多いのではないでしょうか?

あわせて読みたい
屋久島4泊5日の旅!ちょっとマニアックな絶景観光スポット26選!じゃぱたびっくす(@japatabix)です。 鹿児島本土を走り回り、今回はいよいよ屋久島を目指します。 屋久島には...

 

たしかに『縄文杉』は樹高25.3m、幹周りが16.1mで、

「スギ」の中では日本一の巨木ではありますが、

全ての木の中で一番ではありません。

 

日本のすべての樹種の中で一番大きな巨木は

鹿児島県蒲生町の蒲生八幡神社にあるクスノキで、

『蒲生の大クス』と呼ばれています。

 

ちなみに、日本の巨木ランキングのTOP10の多くは

「クスノキ」なんですよ。

 

今回は日本一のクスノキと、

鹿児島神宮についてご紹介します。

 

蒲生の大クス

日本一の巨木に会うため、

鹿児島市内から蒲生町に車で移動し、

蒲生八幡神社に到着したのは

夜中12時頃でした。

あわせて読みたい
夜の鹿児島市内を観光してきた。西郷隆盛像と天文館むじゃきと一本桜温泉を堪能NHK大河ドラマ『西郷どん』を観て、 鹿児島へ観光で訪れる人が増えてるのではないでしょうか。 2018年4月、 ...

 

夜中の蒲生八幡神社は明かりが一切なくて真っ暗闇。

ちょっと怖いなぁって思いつつ、

スマホのライトで足元を照らしながら境内を進みます。

奥まで行くと、周りの木と比べ明らかデカい巨木がありました。

スマホのライトで照らしながら

手持ちで撮ったのでブレぶれですが

これが『蒲生の大クス』です。

真夜中の巨木は迫力あり過ぎ。

とにかく一目会えたのでこの日はここまで。

翌朝、再び来ることにしました。

翌朝6時に再び参拝。

誰もいない早朝の神社は本当に気持ちが良い。

入口左手にも立派な木があります。

境内には蒲生の大クス以外にも立派な木が何本もありました。

夜中に来たときは、この木が蒲生の大クスかと勘違いしたぐらいです。

境内から振り返って撮影。

蒲生八幡神社は蒲生町の街中にあります。

蒲生八幡神社の社殿です。

社殿に向かって左側に『蒲生の大クス』があります。

目の前で見ると圧倒される大きさです。

樹齢1500年

幹周りは24.2m

樹高は30mです。

蒲生の大クスは触れそうなくらい近くまで寄ることが出来ます。

屋久島の『縄文杉』は幹周り16.1m、樹高25.3mなので

この『蒲生の大クス』はさらに8mも太く、5mも高いんです。

いかに大きいか分かるかと思います。

 

蒲生八幡神社が創建された12世紀にはすでに神木として祀られていたんですって。

樹齢1500年ですからね。

2018年4月から6月にかけて、全国を旅しましたが

旅のテーマの1つが『巨木を巡る』でしたので、

この日本一の大クスに会いに来るのは必然でした。

来て良かった。

根回りが33mあり、中には直径4.5mの空洞があります。

この入口から中に入れるんですね。

枝ぶりも見事で、まだまだ若々しい。

両手を広げてるようです。

西側から見たところ。

左側にあるのはデッキです。

根を踏まないように、『蒲生の大クス』を囲うようにデッキが整備されています。

どこから撮っても絵になります。

 

1989年の台風で、境内の杉の巨木が何本も倒れてしまったそうですが、

この『蒲生の大クス』は枝すら折れなかったそうです。

こんなに素晴らしい樹がすぐそばで観られるのは幸せでした。

蒲生の大クス 場所

大隅国 一之宮 鹿児島神宮

『蒲生の大クス』を見た後は、

大隅国の一之宮『鹿児島神宮』に向かいます。

途中、西郷隆盛像に立ち寄りました。

思いのほか大きな像だった。

『西郷隆盛先生の像』という書き方からして、

地元の方に尊敬されていることが伺えます。

山口県民が『吉田松陰先生』と呼ぶのと同じですね。

あわせて読みたい
山口観光!萩往還の見蘭牛ダイニング玄でランチ。吉田松陰ゆかりの地を巡る。2016年GWの旅の続きでございます。 今回は山口県萩市を巡ります。 萩市の道の駅 「萩往還」にある「見蘭牛ダイニン...

 

こちらが『鹿児島神宮』です。

大隅国の一之宮です。

境内図です。

本殿・拝殿・勅使殿が軒の有形文化財に指定されています。

島津の殿様が1756年に再建したというものです。

しゃでn

社殿です。

 

 

 

 

この日は旧暦の3月10日にあたり、

年に一度の祭事『藤祭り」の日でした。

神主さんや巫女さんたちの神事を見学してました。

右手あるのは御神木です。

地元の氏子さんたちが、正装して出席されていました。

旅先でこういう場に立ち会うのも貴重な体験です。

御神木での神事が終わり次第、本殿に移動しました。

途中、氏子総代の方に話しかけられ、

鹿児島神宮の主祭神

  • 天津日高彦火火出見尊 (別名:山幸彦)
  • 豊玉比売命

のお話しを聞きました。

ここは日本神話の海幸彦と山幸彦の伝承の地なんですね。

九州には日本神話の現場があちこちにあって面白いです。

『山幸彦』は『神武天皇』の祖父にあたります。

『豊玉比売命』は山幸彦の后です。

御朱印も頂きました。

主祭神のほかに八幡神も祀っていることから

鹿児島神宮は『正八幡宮』、『大隅八幡宮』とも呼ばれているそうです。

神事の見学もしてたのもあり1時間ほど滞在してました。

それにしても良い天気でした。

鹿児島神宮 場所

まとめ

日本一の巨木『蒲生の大クス』と『鹿児島神宮』をご紹介しました。

『蒲生の大クス』は、鹿児島市内から25kmちょっと離れた場所にあります。

鹿児島観光でもちょっと行きにくい場所かなって気がしますね。

鹿児島市と霧島温泉の間にある感じなので、車で観光される場合はちょっと足を延ばして絵みてはいかがでしょうか?

 

鹿児島神宮は霧島市にあり霧島温泉から車で30分ほどの位置にあります。

神社仏閣に興味のある方は参拝してみてはいかがでしょうか?

 

鹿児島神宮の後は、

宮崎県に移動し、鵜戸神宮に向かいます。

それはまた次回の記事でご紹介します。

ではまた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA