001.北海道

2017年 ゴールデンウィーク 北海道東北観光!旭山動物園やタウシュベツ橋梁など速報版!

2週間ほど北海道をぐるぐる旅して、

その後は東北の温泉を巡りながら

昨日、関東に帰ってきました。

 

前回の記事では東北や道南の桜巡りしてました。

ちなみに5/15までブログ更新無かったら、事故ったかヒグマに食われたと思ってくださいって書いてました。

5/15までにブログ更新出来ませんでしたが事故ってもないし、ヒグマにもツキノワグマにも出会わずに済みました。更新できずにすいません。

あわせて読みたい
2017年 東北・函館お花見観光!足利フラワーパーク、弘前公園、五稜郭公園など 速報版4月最終週の桜巡りに行ってきました。 先週の速報版はこちら↓ https://japatabix.com/2017-...

 

細かくはまた別途記事に書くとして、

今回の記事では北海道巡りを地域別に超ざっくりと写真だけご紹介します。

 

道南観光

五稜郭タワーから見下ろした五稜郭公園です。

4月末頃はまだ桜が咲いていました。

函館山の夜景です。

八幡坂です。

奥に見えるのは青函連絡船 摩周丸 です。

 

椴法華の水無海浜温泉です。

干潮の時しか入れない温泉です。

鹿部の間欠泉です。

10分ぐらいに一度、吹きあがります。

 

他にも平田内温泉や二股らじうむ温泉、濁川温泉など

温泉巡りをメインに道南観光してました。

 

道央観光

積丹半島の神威岬です。

神威岬に来たのは3度目です。

ここは凄い景色ですよ。

 

昭和新山です。

ただでさえ煙が出てる山なのに、雨降ってたので余計白煙が上がっています。

400m弱の山ですが迫力があります。

 

札幌のノースサファリサッポロです。

動物と触れ合いまくれます。

ライオンや熊の釣り堀だとか、

デンジャラスゾーンがあります。

2度目の訪問です。

猛禽類がたくさんです。

2枚目の一番手前にいるのはカラフトフクロウです。

可愛いですね~。

柵なんかないので、触ろうと思えば触れます。

多分、がっつり突かれると思いますが。

 

 

札幌はスープカレーとラーメン食いまくりでした。

道北観光

 

旭山動物園です。

アザラシの赤ちゃんが2頭いました。

有名な筒の中の赤ちゃんアザラシと、

2枚目の陸にいる赤ちゃんアザラシはそれぞれ違う子です。

可愛かった~

美瑛の青い池です。

 

美瑛の丘巡りもしてます。

写真のはマイルドセブンの丘です。

5月上旬はまだまだトラクターが走り回ってる時期で

緑の景色ではなかったです。

他にもセブンスターとかケントメリーの木とか行きましたけど、

全部葉っぱが落ちが状態でした。

四季彩の丘もまだまだ花が咲いていなかったです。

やっぱり6月以降に行くのが良いですね。

上川町のアイスパビリオンにも行きました。

マイナス20℃の世界を体験できます。

マイナス41℃を体験出来る部屋があります。

せっかくなので、出来るだけ薄着で行くことをお勧めします。

 

宗谷岬やエサヌカ線など、旭川より北には行けませんでしたが、

昨年行ってますので、いずれまたブログに書きます。

道東観光

今回の旅の半分以上は道東で過ごしています。

上士幌町のタウシュベツ橋梁です。

5月上旬は水が無い状態でしたが、

徐々に雪解け水で水没して行き、

夏には完全に湖の底に沈みます。

ヤフーニュースにも出ていましたが、

損壊が激しくなっており、今年で見納めかもしれないって言われています。

やっぱり一度は見ておきたい絶景の1つです。

あわせて読みたい
北海道 上士幌町観光!タウシュベツ川橋梁などアーチ橋巡り。ツアーについても紹介。北海道 上士幌町にある幻の橋 タウシュベツ橋梁の崩壊が進んで、橋上部がつながった状態はいよいよ見納めかもしれない、というニュースを見かけ...

釧路湿原の夕日です。

釧路川のうねうねしたのが良いです。

雄大過ぎてもうたまりません。

夕日が沈んだあともしばらく呆然としてました。

知床半島の知床峠です。

ウトロと羅臼を繋ぐ知床横断道路にあります。

この日は、雪崩の影響でこの知床峠までしか開通してませんでした。

羅臼岳はまだまだ雪化粧のままでした。

知床五湖の1湖です。

大ループは雪のため通行止めで、

小ループしか行けなかったです。

なので2湖と1湖の2つしか行けず残念だなって思ってましたが、

代わりに1湖で知床連山の映り込んだこんな美しい景色が見られました。

写真だと全然伝えられませんが、こんな景色が目の前に広がっていると想像してみてください。

やばいっすよ。

知床クルーズで知床岬まで行って、ヒグマの親子も観れました。(米粒くらいでしたが)

 

根室の納沙布岬の日の出です。

昨年も来ましたが、ここの日の出は格別です。

根室の風連湖と春国岱です。

2014年の台風による高潮で遊歩道が破壊されたまま部分がかなりありました。

トドマツかアカエゾマツだと思いますが、たぶん高潮で枯れたのでしょう。

野付半島のトドワラやナラワラのような光景が広がっていました。

 

摩周湖の日の出でございます。

摩周湖は霧が多く、独身者が摩周湖の湖面を見てしまうと婚期が遅れるという不愉快な言い伝えがあります。

摩周湖来るのは3回目ですが、毎回湖面を見てます。。

 

ミルクロードです。

後ろから来た車が坂を上って見えなくなるまで3分くらいかかります。

野付半島 トドワラの夕焼けです。

写真加工しないままアップしてます。

周りに人間は一人もいなくて、いるのは野鳥とキタキツネだけ。

なんて贅沢な時間なんだと思いました。

去年もここで夕日見ましたが、

前回も今回も心底感動する夕焼けでした。

ただ、トドマツの枯れ木もどんどん朽ちてなくなっているようで、このトドワラの風景もあと数年したら見られなくなるかもしれないです。

 

いや~道東は自然の宝庫です。

まとめ

北海道は、四国と九州を足したよりも広いだけあって

観光スポットだらけです。

自然好きなら、道東がおすすめです。

道産子の端くれのわたくしですが、道東の風景には感動させられっぱなしでした。

昨年は3週間、今回は2週間ほど北海道観光しましたがまだまだ回り切れません。

いつか流氷の季節に来たいもんです。

 

先月の花見巡りの詳細記事がまだ書けてないので、

そちらを先に書いて、そのあと北海道旅行のブログも書きたいと思います。

あ、花見記事の前に3月の伊豆・箱根旅行の記事書くかも。

 

北海道の後の東北・関東旅行もそのあと書きますね。

温泉行きまくったり、青函トンネル記念館に行ったり、首都圏外郭放水路行ったりと見所いっぱいでしたよ。

 

 

今回は約7000kmほど走りました。

4月末~5月中旬までの車中泊の旅

体調も崩さなかったし、怪我もしなかったし

美味い物いっぱい食って、温泉入って

絶景見まくりの充実した旅でした。

1年に一回はどかんとデカい旅に出たいものです。

あわせて読みたい
奥多摩・北アルプス・山梨観光!日原鍾乳洞と立山黒部と上高地と西沢渓谷を巡る旅 速報版!先週後半からまた旅に出てしまいました・・。 今回は近場です。(北海道に比べれば) 奥多摩で日原鍾乳洞に行き、...
あわせて読みたい
2017年 東北・函館お花見観光!足利フラワーパーク、弘前公園、五稜郭公園など 速報版4月最終週の桜巡りに行ってきました。 先週の速報版はこちら↓ https://japatabix.com/2017-...
■旅行計画の立て方

STEP1.旅行の目的を決める!

目的無く旅に出るのも良いですが、それは上級者向け。

はじめに『目的』を決めた方が旅のプランを立てやすいです。『絶景が観たい』

  • 『おいしいものが食べたい』
  • 『ディズニーランド(USJ)に行きたい』
  • 『とにかく一人旅がしたい』
  • 『親孝行で温泉に連れて行きたい』

といった感じで『誰と何がしたいか?』を最初に決めることから始めましょう。

 

『旅の目的』が複数ある場合は、『優先順位』を決めておいた方が良いです。

予期せぬ事情で、現地で日程変更になった場合など、『最低限、これだけは譲れないよね』という共通認識がないと、その場で揉めることになります。

円満な旅のため、あらかじめ『優先順位』を決めておきましょう!

STEP2.予算を決める!

『誰と何がしたいか?』が決まれば、交通費や宿泊費、食費、その他経費(チケット代等)から概算で予算を決めましょう。

STEP3.目的地を決める!

『目的』と『予算』が決まれば、おのずと『目的地』が決まってきます。

目的によって旅の方角や季節が決まり、

予算によって海外 or 国内、近場かどうかが決まります。

行き先の候補を絞って行きましょう。

STEP4.交通手段を決める!

海外なら必然的に『飛行機』『船』に絞られます。

国内なら『飛行機』『新幹線・電車』『バス』『車』『自転車・徒歩』のどれかになると思います。




STEP5.日程を決める!

『目的地』が決まったら、関係各位とスケジュール調整をして『日程』を決めましょう。

長期連休の場合、交通費や宿泊費が高騰することが多々あるので、

可能ならピークの時期をずらすことをおすすめします。

STEP6.ツアー or 個人旅行を決める!

『予算』『目的地』『日程』が決まれば、

  • ツアーで行く
  • 個人で行く
  • 旅行代理店で宿や交通手段を個別に手配
  • 自分ですべて手配する

といった具体的な行程に入ります。

『行き方』は、この段階で決まることも多いでしょう。

STEP7.宿を決める!

ツアーでなければ、ご自身で『宿』を手配する必要があります。

予算や目的に応じて、最適な宿を探しましょう。

STEP8.現地下調べ&スケジュール作成!

ここまでで最低限の下準備は完了。

ここからは『より快適な旅にする』ための工程になります。

あとは『予算』『日程』に応じて、旅の『肉付け』をしていきます。

例えば、『南の島でダイビングをする』のが主な目的なら、それ以外の小さな目的を整理し、合間の移動時間を調べるなどして、詳細なスケジュールを立てていきます

観光ガイドブックやインターネットなどで、現地の観光スポットやグルメスポット、お土産など事前に調べておくと、無駄なく旅を過ごすことが出来ます。

このブログのように、体験談など調べておくのも一つです。

STEP9.必要なものを買い揃える!

『旅の準備』と『現地知識』を蓄えたら、あとは必要なものを買い揃える工程です。

旅慣れている方なら、不要なSTEPかもしれません。

  • スーツケース・旅行バッグ
  • 着替えや水着
  • 綺麗な思い出を残すためのカメラ
  • 携帯WIFI

などなど、『目的』や『行き先』、『日程』に応じた準備を行います。

海外に行く場合は、万が一のために『海外旅行保険』や『保険付きのクレジットカード』など用意しておくことをおすすめします。


STEP10.当日 旅立つ!

ここまで来ればもう準備万端。

『体調』を整え、『天気』が良いことを祈るばかり。

あとは旅行を満喫するだけ!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA